釣りに役立つ情報を発信するブログ。自由な発想で楽しもう!

海釣り初心者の竿(ロッド)はシーバスロッドにすべし!万能でルアーもエサも対応!おすすめロッドをご紹介!

海釣り初心者の竿(ロッド)はシーバスロッドにすべし!万能でルアーもエサも対応!おすすめロッドをご紹介!

今回はこれから海釣りを始めたいとお考えの方向けのテーマです。

中でも、

『海釣り(船ではなくて陸からの釣り)、面白そうだからとりあえずやってみたいんだけど、詳しいことはよく分からない…。まずは色々な魚を釣っていくなかで学んでいきたい!』

というような方におすすめする、

『海釣りをこれから始める人が最初に買う竿は何がいいのか?』

というお話になります。

前置きしますが、本来は釣りたい魚種・釣り方によって、釣竿に求められる性質は相当大きく変わってきます。

ただ、そういうことはこれから海釣りにのめり込んでいけば自然と分かってくると思います。

まずは色んな釣り方を広くカバー出来る竿を用意して、海釣りの楽しさを体感するところから始めましょう!

出来るだけトラブルが少なく扱えて、多魚種にマルチに使える竿。

それはズバリシーバスロッドです!

その理由と、おすすめの竿をこれからご説明していきますね。



初心者におすすめの釣り方は?

なぜシーバスロッドをおすすめするかという理由を知るためには、まずは初心者でもできそうな釣り方を知る必要があります。

初心者が釣りをするにあたってクリアしたい条件は以下の要素。

■大小問わず魚が釣れやすい
まずは魚の反応がなかったら話になりませんよね。

■仕掛けが複雑ではない
糸がもつれたり、仕掛けを正しくセットできなかったりする恐れがあります。そういったトラブルがあると一気にヤル気がなくなります。

■荷物が少なくてすむ
いきなり色んな道具を使うような釣りは混乱します。コストもかかります。できるだけシンプルな道具にして、荷物は減らしましょう。

 

上記を考慮して、海釣り初心者におすすめできる釣り方は4つ!

順番にご紹介していきます。


サビキ

サビキ仕掛けにカゴとオモリをつけるだけです。オモリ一体型のカゴを仕掛けの一番下につけてもいいですね。主にアジやイワシを狙います。エサはアミエビだけあればOK。


出典:ダイワ

🔽オモリ一体型カゴの場合は仕掛けの一番下につける

出典:ダイワ

【関連記事】

サビキより釣れる!?と噂のトリックサビキもおすすめですよ。

【関連記事】

ちょい投げ

小型てんびんにキス釣り用などのちょい投げ仕掛けをつけるだけです。最近はてんびんと仕掛けが最初からセットされている商品も発売されています。主にキスを狙います。エサはイソメやゴカイといったムシ餌ですね。


出典:ダイワ

【関連記事】

胴突き

胴突き仕掛けの一番下にナス型おもりをつけるだけです。足元を探るのはもちろん、キャストもしながら広範囲をランガンします。カサゴやベラがよく釣れますね。これもムシ餌を使うケースが多いですが、オキアミや魚の切り身も使います。


出典:ダイワ

【関連記事】

シーバスフィッシング

基本的にはルアーを結ぶだけでOKです。投げて巻く。を繰り返します。シーバスを狙いますが、ルアーのサイズが大きすぎなければ様々な魚種が釣れます。例えば、カマスやヒラメ、ハタ類を始めとして、サゴシやハマチなどの青物も釣れます。ワームを使うほうがとりあえずの一匹は釣りやすいケースが多いです。


出典:ダイワ

【関連記事】

あとは、近年流行りのスーパーライトショアジギングも初心者におすすめのお手軽ルアーフィッシングです。

シーバスはもちろん、数多くのフィッシュイーターが反応してくる釣りとして人気を集めています。

これもシーバスロッドがあれば問題なく楽しめますので、小型のメタルジグを2〜3個タックルボックスに忍ばせておけば手軽にチャレンジできますよ!

【関連記事】

シーバスロッドの魅力

初心者におすすめの釣りをご紹介しましたが、シーバスロッドがあれば全て問題なく楽しめます。

シーバスロッドの主な特徴は以下の2点。

■適度な張りとしなやかさがある
■長すぎない

これが初心者には非常に重要です。

この2点について詳しく解説します。
 


適度な張りとしなやかさのメリット

シーバスロッドはルアーにさまざまなアクションつけさせやすいように、適度な張りがあります。

ロッドを振ったときに、べニャベニャっとしなりすぎず、シャキッとしているイメージです。

張りがないと、ロッドを動かしてルアーに力を伝えたくても、ロッドが力を吸収してしまってルアーが思ったように動いてくれないんですね。

ただ、ガチガチに硬いと、キャストもしにくく、魚が掛かったあとにもバラしやすかったり、弊害が出てきます。

ロッドに適度な張りをもたせるなかで、出来る限りのしなやかさも内包させています。

では、その適度な張りとしなやかさが、初心者がさまざまな釣りを楽しむ上でどういった影響を与えるかをご説明していきます。

 

張りは感度向上につながる

ちょい投げと胴付きは、基本的には底を探ります。底には、岩や海藻もありますよね。そういった障害物の存在を感じるためには適度な張りがないと感じ取れません。

また、そういった障害物に引っ掛かってしまった時に柔らかすぎる磯竿などでは竿が力を吸収してしまい、なかなか外れません。

障害物の近くにこそターゲットとなる魚がいるケースも多いので、より集中するという意味でも張りがある事は大切と思います。

ルアーフィッシングにおいてはロッドに張りがないとそもそものキャストが決まらず、アクションもまともにつけれませんので、磯竿で楽しむことは不可能に近いと考えてください。

 

しなやかさはノリのよさとバラしにくさにつながる

シーバスロッドと合わせてよく初心者におすすめされるエギングロッドは、より張りが強い傾向があります。

張りが強いと操作性は上がりますが、魚が食ってきた時のノリの良さは損なわれますし(ハジきやすい)、針掛かりが浅いとバラしやすくなります。

このあたりは好みの世界にもなってきますが、私はシーバスロッドの方がエギングロッドより初心者には易しいと思います。

長すぎないことのメリット

よく初心者におすすめされる磯竿の類は、元々、磯場でエサ釣りをすることを目的にしているので基本的に長いです(一般論ですが4m~6m程)。

対してシーバスロッドは3m前後です。

それがどういった影響を及ぼすかご説明します。

 

なぜ磯場では長い竿が必要なのか

■魚が釣れた際に足元の根周りに糸がからむのをかわしやすい。

■大型魚がきても竿全体で受け止めれることからタメがきいてバレにくい。

■長い仕掛けを扱える。

 

というところが主な理由です。

しかし。。。

初心者が磯には行きませんよね?

初心者にそんな簡単に大型魚釣れませんよね?

初心者がそんな長い仕掛け使っても扱えます?

って思いませんか?

であれば、デメリットの方が多いのではないかと思うのです。

 

初心者にとっての磯竿のデメリット

■根本的な重さ。長いということは基本的に重いということです。疲れます。

■持ち重り感。釣竿はリールを取り付けると、リールを支点にしてグリップ側と、竿先側とでシーソーのような関係になります。普通は竿先が下がろうとするんですが、竿先が地面につかないように持ちますよね。この時感じる重さを持ち重り感といいます。磯竿は、リールから竿先までの長さが圧倒的に長いので、持ち重り感が大きいです。疲れます。

■長い分、風に煽られます。疲れます。

■操作性の悪さ。長い竿は取り回しが良くないです。

■穂先に糸が絡むと、遠いのでほどくのが面倒。初心者は絡んでいることに気付かないまま釣りをしてしまい、最悪穂先が折れることもあります。

■竿が折れるリスクが高まります。例えばサビキで釣れていると釣人は夢中になります。釣れた魚をクーラーボックスに入れたりするために竿を地面に無意識に置いたときに、竿が長いゆえに穂先側が人が通る場所に届いてしまい、踏まれて折れるということが考えられます。初心者あるあるです。

 

などなどといったことが憂慮されます。。。

 

ここまであげてきた要素を総合的に判断すると、初心者にとってはシーバスロッドが一番おすすめできる。という結果になるわけです!

 

ちなみに、シーバスロッドによくある規格の9フィートはメートル換算でおよそ2.7メートルになります。磯竿の5メートル前後と比べると相当短く感じますが、これは初心者が漁港や防波堤で釣りをする分には十分な長さですよ。

 

短いからといってあからさまに魚がバレる(針がはずれる)というわけでもありませんし、漁港から釣れるような魚は大抵獲れます。

扱いやすさを優先しましょう!!


おすすめのシーバスロッド

では、ここからは初心者におすすめのシーバスロッドをご紹介していきます。

価格と性能のバランスを考慮していますので、お手頃価格でも安心して使えるロッドばかりです。

シマノ ムーンショット

シマノのムーンショットは実売1万円を上回りますが、初心者が買う最初の1本には非常におすすめのシーバスロッドです。

この価格帯でこのデザイン、クオリティは文句なしです。ガイドがオールsicリングというのも素晴らしい魅力。糸にPEラインを使用するなら、予算が許せばsicリングを採用したロッドを使いたいところ(ガイドリングがsicやトルザイトでないと長く使ううちにPEラインに削られていく可能性があります)。安心して長く使えるシーバスロッドですよ。

【関連記事】

シマノ ルアーマチック

よりコストを抑えたい方にはこちら。シマノのルアーマチックは、価格としてはかなりお安くなっていますが、必要最低限のクオリティは兼ね備えたシリーズになります。

さきほどムーンショットで記載したようなSiCリングは搭載していませんが、まずは気軽に釣りを始めてみたい!という方には十分おすすめできます。

【関連記事】

(2018年10月10日追記)
ルアーマチックの対抗として、ダイワからも同様コンセプトのシリーズであるルアーニストが登場しました。以下の記事ではルアーマチックとも比較しながら詳しくご紹介しています。

【関連記事】

ダイワ シーバスハンターX

続いてシマノと並んで安心感のある大手メーカー、ダイワです。このシーバスハンターXは、リールシートから元ガイド部にかけてブランク最外層をX状にカーボンテープで締め上げ、ネジレを押さえる強化構造「ブレーディングX」を搭載しています。斜め軸にカーボンを巻くことで、カーボンのネジレを抑えてよりトルクが上がるんですね。こちらもオールsicリング採用で、PEライン使用にも不安はありません。

シマノのムーンショットと並んで非常におすすめな1本です。

【関連記事】

ダイワ クロスビート

ダイワから振りだしタイプが魅力の竿も発売されています。かなり短くなりますので、車に積むのはもちろん、電車や自転車の釣行にも強い味方になりますね!旅行にもピッタリ!

トップガイドだけですが、sicリングが採用されているのも嬉しいところです(1番強い負荷がかかるのはトップガイド)。

(2018/7/12追記)
シマノからついに本格派の低価格振出ロッドが新登場しました!デザインも性能もレベルが高く非常におすすめです。

アブガルシア クロスフィールド

アブガルシアはスウェーデンの老舗メーカーです。
力強いデザインが特徴の商品が多いのですが、このクロスフィールドも低価格ながらアブの色を出してますね。
このロッドもカーボンをななめに巻いてネジレ低減、トルク強化されています。
また、トップガイドはsicリングとなっています。

メジャークラフト 3代目クロステージ

最後にメジャークラフトからご紹介します。こちらはアルコナイトリングというガイド素材を採用しているところが特徴です。海外ではメジャーな素材で価格はsicより相当安いものの、性能的にはやや劣る程度のものだそうです。メジャークラフトは、コストパフォーマンスの良い製品をどんどん作る会社なので低価格でも新素材などを採用してくれるところが嬉しいですね。

さいごに

釣り初心者が最初に買う竿はシーバスロッドがおすすめな理由はよく分かっていただけたでしょうか?

汎用性は本当に素晴らしいです。

初心者だからこそ、ルアーもエサもトラブル少なく広く楽しめるということが重要です。

よく初心者用としておすすめされる磯竿系は、エサには使えてもルアーには使えませんよ!

自分がどういう釣りをしたいかよく考えた上で、もしルアーにほんの少しでも興味があるなら、シーバスロッドを選ぶことをおすすめします。

お気に入りの1本を手にいれて、魅力いっぱいの海に癒されにいきましょう!

【関連記事】



初心者向けカテゴリの最新記事