釣りに役立つ情報を発信するブログ。自由な発想で楽しもう!

子供用の釣竿(ロッド)とリールの選び方教えます!セット物は危険?おすすめ品をご紹介!

子供用の釣竿(ロッド)とリールの選び方教えます!セット物は危険?おすすめ品をご紹介!

まだ小さいお子さんを海釣りデビューさせたい…そんな時おすすめできるロッドとリールをご紹介します。

私も、小学生と幼稚園の子供がいますので、実際に一緒に釣りをした実体験を元にしています。



小さな子供の実釣中の行動

わが家の長女は、3歳で釣りデビューでした。

もちろん、全て手取り足取りでしたが。

サビキでアジがたくさん釣れたので、釣りを好きになってくれました。

5歳になり、サビキくらいなら自分で一通りの動作はできるようになったので、ロッドを購入してあげました。

ちなみに、その時の娘の様子は以下の感じです。

■ロッドを大切に扱うという気持ちは軽薄

■ロッドの穂先までの距離感を把握できず、ティップを壁やフェンスにガンガンぶつける

■魚を釣ったらロッドを地面に置いて針を外すが、その後無意識にロッドを踏みそうになること多々

ま、5歳くらいで釣りしたらこんな感じになるのは当たり前ですよね。

ロッドはいつ折れてもおかしくないと思いながら見守ってください(笑)



どんな釣りをする?

釣り経験が浅い、幼稚園~小学生が楽しめそうなのは、サビキ釣りが第一候補で、次に胴突きを足下に落としての釣りが第二候補といったところではないでしょうか。

【関連記事】

ちょい投げやルアーなどのキャストする釣りは、せめて小学校中学年~高学年まで待ちたいですね。

周囲を冷静に見れないので、他の釣人とのトラブルの元になります。

おすすめのタイプは?

足下に落とす釣りがメインとなると、ロッドは取り回しを考えて長すぎないもの、リールはバックラッシュなどのトラブルの少ないスピニングになりますね。ちなみに、ラインはナイロン2号くらいがいいと思います。

【関連記事】

初心者にはシーバスロッドがおすすめなのですが、今回は、対象がまだ小さい子どもなので、シーバスロッドではやや長いこともあるかもしれません。

そういう時は、バスロッドを探してください。

小学生の低学年くらいまでなら、ジャストサイズです。

なお、よく売っている格安ロッドとリールのセットがありますが、特にリールはおすすめしません。

ほんとに、すぐ壊れます。

ロッドは、案外使えるものも増えてきました。

娘が5歳の頃に買ってあげた格安バスロッドは、いまだに現役で、次女へと受け継がれています(笑)

ただ、ネットで売っている格安ロッドは少し怖いので、出来るだけ大型釣具屋さんで実物を見に行くのがベストです。

それが叶わずネットで買うなら、今からご紹介するものがおすすめです。


おすすめロッド

低コストで信頼できるメーカーは、プロマリンがおすすめです。

ロッドを始めとして、ランディングネットや、バッカン・小物なども展開している、安心できるメーカーです。

展開している商品全体的に低コストなことが特徴的なメーカーで、もちろん低コストなりの商品ではありますが、コストパフォーマンスで言えば非常に良いです。

プロマリン(PRO MARINE) バスレンジャー

めちゃくちゃ安いですが、子供が使うには十分なスペックを誇ります。

コストパフォーマンスはMAX。

幼稚園~小学生低学年なら、これが1番おすすめですね。

この竿を使って、太刀魚を5匹、50センチ以上のシーバスを4匹釣り上げています。
非常に柔らかくて、魚を寄せてくることに苦労を感じると思いますが、魚の重みをダイレクトに感じることができ楽しいです。
チープさは否めませんが、仕舞寸法が94センチとコンパクトだったので、携帯しやすくさらに軽量。
遠投は難しいですが、15m程度の幅の狭い河川や河口などでは、橋脚やストラクチャーを攻めることも可能。
この価格帯にしては性能はそこそこで、十分すぎる釣果をたたき出しています。
出典:Amazon
バスに限らず、海のちょい投げや落とし釣り、エギングにと買ってみたが、なかなかどうして、1000円以下でこの品質は素晴らしい。グラスブランクなので少々乱暴に扱っても心配無いし、意外とバット付近にパワーがあるので、40cm程度のバスなら全く問題無さそう。アクションも素直なミディアムファーストで、一般的に使い易いと思う。7歳児にも安心して使わせられる。追加で2本購入した。
出典:Amazon

プロマリン(PRO MARINE) ラガーバス

少しデザインがカッコよくなるモデルもご紹介します。

バスレンジャーよりは少し値段が上がりますが、大人の方が雑に扱えるサブロッドとしても使えていいんじゃないでしょうか。

見た目高価なロッドと見劣りしません

グラス特有な調子ではありますが、価格の割りに造りは丁寧です。
またバスロッドでセパレートのグリップは珍しいのではないでしょうか?
出典:Amazon

すごいコスパ!!!!!!!

15gのジグでヤズを釣りました!
この竿でヤズはいけますよ!
でも1番柔らかいタイプなのでコの字になりますが…
出典:Amazon

プロマリン どこでもルアーロッド80

こちらはシーバスロッド、もしくはエギングロッド的なロッドです。

やや長くなるので、小学生中学年くらいから扱えるイメージです。

しっかりしたロッドで、パワーがあります。

キャストできるようになれば、ちょい投げにも良さそうですね。

【関連記事】

タチウオを狙いにファミリーフィッシング用途で購入。とにかく安いです(フィッシングマックスでも約3千円)。でも「安かろう悪かろう」はこのロッドには当てはまりませんね。

3千円でこの竿ならコストパフォーマンスは最高です。元々このクラスのロッドは5千円以上したと思いますが、昨今のイカ釣りブームなどで需要が上がったのか、かなりお安い価格設定になっています。

結構張りがあり、中継ぎ竿特有の先調子ながらも比較的ベリーはしなやかです。硬さはM~MHといった所でしょうか。今回は1/2oz~3/4ozのジグヘッドにスイムテールのソフトベイトを付けてワインドでの使用でしたが、硬すぎず柔らかすぎずのパワーがスイムベイトにメリハリのある動きを付けてくれて、早速今シーズンの初タチウオを拝めました。

対応ラインは6lb~12lb。PEなら問題ないですね。対応ルアーウェイトは5g~28g。1ozまでOKならエギは4号(25g)まで使えます。少々の大物には対応できますね。青物やシーバスも結構余裕で対応できると思われるパワーがあります。
出典:Amazon



シマノ ルアーマチック S66ML

世界のシマノからも低価格ロッドが展開されています。

ルアーマチックはバリエーション豊富なラインナップで入門者を強力にバックアップしてくれるシリーズです。

【関連記事】

こちらのS66MLはバスロッド的に使えるタイプです。

もちろん、プロマリンに比べると高くなりますが、品質は大きく向上します。

間違いなく、大人の方も使えるレベルですので、より安心した品質を求められるならシマノがおすすめです。

小学生高学年になれば、これをプレゼントしたら喜んでくれるでしょうし、長く使えますよ。

80cm、5キロのスズキでも余裕でした。
強くてコシがあります、見た目以外は入門用以上のいいロッドですよ!
出典:Amazon
色々な用途で使用してます。女性には重さも長さも扱いやすく色々な魚種を釣ることができます!!
出典:Amazon

シマノ ルアーマチック S86ML

こちらのS86MLはルアーマチックのシーバスロッド・エギングロッド的な位置付けです。

防波堤からなら、様々な釣りに対応できると思います。

小学生高学年になったら買ってあげては如何でしょう?

息子に頼まれて購入。
とても気に入ってるようで、今まで買った釣竿の中でも一番大事に扱ってます。
出典:Amazon
ルアーも投げやすいし、軽くて非常に使いやすいです。
シーバス、青物、根魚、色々釣れて子供達と楽しんでます(^ ^)
出典:Amazon

【関連記事】シマノから低価格振出ロッド登場!



おすすめリール

シマノのバリュープライスの3機種を熱烈におすすめします。ロッドとセットになっているような他社の格安リールは、ほんとにすぐギアがおかしくなります。(実経験談)

シマノのリールはギアがかなりしっかりしていますので、圧倒的に長く使えますよ。

3機種、それぞれに特徴があるので、好みに合わせて選んでください。

番手(サイズ)は2500番が万能で、小物メインであれば2000番かC2000を選べばOKです。

■アリビオ
シマノリールの中で最も廉価。ナイロンライン付きモデル。

■セドナ
バリュープライスリールの中で最もスペック・機能的に優秀。

■ネクサーブ
バリュープライスリールの中で最もデザインに凝っている。ナイロンライン付きのモデルもあり。

この3機種の関係を分かりやすく表すと、以下の雰囲気です。

【価格】
アリビオ<セドナ≒ネクサーブ

【スペック・機能】
アリビオ<ネクサーブ<セドナ

【デザイン】
アリビオ<セドナ<ネクサーブ

アリビオ

セドナ

ネクサーブ

さいごに

今回は、お子さんの釣りデビューにおすすめのロッドとリールをご紹介しました。

どうしてもロッドを雑に扱ってしまうでしょうから、良すぎるものを購入する必要はないのですが、安かろう悪かろうでは困りますからね。

今回ご紹介した商品であれば、お子さんが釣りを楽しめるクオリティを備えています。

みなさんご家族が釣りを楽しめることを願っております。



初心者向けカテゴリの最新記事