釣りに役立つ情報を発信するブログ。自由な発想で楽しもう!

シマノ 18ソアレBBが登場!17アルテグラ、17ソアレCI4と徹底比較!ライトゲーム入門にピッタリです!

シマノ 18ソアレBBが登場!17アルテグラ、17ソアレCI4と徹底比較!ライトゲーム入門にピッタリです!


出典:シマノ

 

シマノのライトゲーム入門シリーズがソアレBBですが、2018年8月、前回2013年の登場から5年を経てついにモデルチェンジします!

 

BBシリーズは低価格ながら、ワンピースベールなど嬉しい機能が搭載されているモデルですが、どのように進化したか気になります!

 

今回は18ソアレBBの同価格帯の17アルテグラと、ソアレBBの上位グレードである17ソアレCI4と比較してみようと思います。

アイキャッチ画像出典:シマノ


スペック比較表

ライトゲーム全般で汎用性の高いC2000を基準として、スペックを比較します。

各リール、以下のモデルから数字を拾っております。

・ソアレBB:SSHG、SSPG
・アルテグラ:HGS、S
・ソアレCI4+:SSPG

ソアレBB SSHG(SSPG)アルテグラ HGS(S)ソアレCI4+ SSPG
ギア比6(4.3)6(5)4.3
実用ドラグ力

/最大ドラグ力(kg)

1/32/32/3
自重(g)200205160
ハンドル長(mm)45(40)45(40)35
最大巻上長

(cm/ハンドル1回転)

79(57)79(66)57
ベアリング数

SA-RB/BB/ローラー

5/0/11/4/19/0/1
本体価格(円・税込)18,14417,06436,936
実売価格(円・税込)11,790 10,72223,561

注)ソアレBB()内数字はSSPGモデル、アルテグラ()内数字はSモデル
注)価格はAmazon、楽天からの筆者最安値調べ(2018年8月現在)

技術特性比較表

こちらもC2000基準で比較していきます。

ソアレCI4+は以下の留意点がありますのでC2000以外をご検討の場合はご注意を。

※NEWマグナムライトローター:500Sを除く
※500S:マグナムライトローターを採用
※X-SHIP:C2000SSPG、2000SHGのみ採用
※コアプロテクト:C2000SSPG、2000SHGのみ採用

ソアレBB SSHG(SSPG)アルテグラ HGS(S)ソアレCI4+ SSPG
HAGANEギア
X-SHIP
NEWマグナムライトローター
コアプロテクト
Gフリーボディ
AR-Cスプール
CI4+
リジッドサポートドラグ
SA-RB
ワンピースベール
海水OK

スペック・技術特性の比較から見えること

そもそものラインナップとして、アルテグラにはPG(パワーギア)モデルが無し。ソアレCI4+にはHG(ハイギア)モデルが無し。という設定になっていますのでご留意ください。

では、スペック・技術特性について、気になる差異がある点をピックアップしていきます。


スペック

まず、スペックを見ていきましょう。

実用ドラグ力

ソアレBBのみ、実用ドラグ力は1kgとなっています。ライトゲームを専門にする上ではそれほど気になりませんが、思わぬサイズの魚がかかった際には、問答無用でもっていかれるかもしれません。

例えば、アジングをしているとチヌやハネ(シーバスの中型)がかかることもよくあります。そんな時は魚に主導権を握られる可能性があるということです。

ソアレBBの旧モデルは2kgあったので、そこはスペックダウンと言えます。

自重

何よりソアレCI4+の160gという圧倒的な軽さに目がいきますね。さすがソアレBBの上位機種になります。

ソアレBBはというと、アルテグラより5g軽く200g。(アルテグラは205g)

ソアレCI4+には全く敵いませんが、アルテグラよりは軽量です。

SA-RB

調べていて、『あ、そうなの…』と思ったのが、SA-RB。

これは錆びに強い特殊処理がされているボールベアリングのことで、海で釣りをする上では地味ながら非常に重要なパーツです。

特殊防錆処理をベアリング自体に施すことで、錆びに対する耐久性が大幅にアップしました。
出典:シマノ

 

リールには回転のなめらかさが求められますが、そのなめらかさを作り出す重要な部品がボールベアリングです。

高級モデルになるほど、ボールベアリングの数は増えます。(18ステラC2000だと12個)

で、これが錆びると、巻心地に致命的な悪影響を与えるのですが、アルテグラはSA-RBが1個しか採用されていません。

対して、ソアレCI4+は9個のボールベアリング全数がSA-RB。ソアレBBも5個全てがSA-RBです。

淡水使用なら気にしないでもいいですが、海水使用だとメンテナンスを気にする必要があります。

価格

ソアレBBとアルテグラは、ソアレBBがおよそ1,000円だけ高いです。ソアレCI4+はさすがに一気に値段が上がります。

 

 

この価格面の違いは、技術特性やデザインも含めて総合的に見た上で評価することにしましょう。

技術特性

続いて技術特性を見ていきましょう。

ソアレCI4+の価格が高いのは、スペック面の軽さと合わせて、上記の技術特性表を見てもらえば理解できるのではないでしょうか?

ソアレBBにはないCI4+やリジッドサポートドラグ、NEWマグナムライトローターなど、魅力的な技術が多数搭載されています。(ちなみにソアレBBの旧モデルには元祖マグナムライトローターが搭載されていましたが、新モデルには非搭載ですね。)

では、ソアレBBとアルテグラの比較ではどうでしょう?

一言で言うと、ソアレBBになくてアルテグラにあるものはありません。

技術特性だけで見るならば、ソアレBBの方が優れています。

ソアレBBにあって、アルテグラにないもの、それは以下の2点。

・SA-RB
・ワンピースベール

この2点の有無は個人的には相当大きいと思います。

SA-RBは先程も述べました通りですが、ワンピースベール搭載というのもソアレBBの大きな強みです。

ワンピースベールとは以下の技術。

まったく継ぎ目のない一体成型のベールの製造に成功。見た目に美しく、トラブルレスを実現しました。
出典:シマノ

 

見た目の美しさもさることながら、トラブルレスという部分が強調点です。

シマノの廉価モデルのリールは、ベールとラインローラー部に継ぎ目があります。

ここに、細くしなやかなPEラインが挟まり、切れることがある、というのが懸念ポイントです。

あくまで、そういう事例がおきているというだけで、必ず起きる、というわけではありませんが、可能性があるだけで嫌なものですよね。

ワンピースベールは継ぎ目のない一体成型ですから、このトラブルが起こる可能性はゼロです。

シマノのスピニングリールを選ぶ上では、このワンピースベールの有無が、リールを選ぶ際の1つの基準点になり得ると思います。

ざっくりのイメージは以下の通りです。(2018年8月現在)

アルテグラを境界線にして、価格帯が近いBB系モデルからワンピースベールが搭載されはじめ(アオリスタBBには非搭載)、その上のストラディック以上はもちろん全数に搭載されます。

 

アルテグラ含むそれ以下の廉価モデル(スフェロスSWも含む)
→ワンピースベール非搭載

BBモデル(ソアレBB、セフィアBB、エクスセンスBBなど)
→ワンピースベール搭載。ただしアオリスタBBには非搭載

ストラディック以上
→ワンピースベール搭載

 

ご参考にしてください。


アジング専用ドラグって?

シマノホームページのフィーチャーを見ていると、アジング専用ドラグという名前が出てきます。

 

ノーマルドラグに比べ、実用ドラグ力の範囲内でよりシビアなドラグ設定が可能。特に細いラインを使用するアジングにおいて威力を発揮します。
出典:シマノ

 

どうやら、通常より細かなドラグ設定ができそうな機能のようです。

ソアレCI4+にも備わってない機能かもしれないですね。

念の為、後日シマノに直接確認してみようと思います。

分かりましたら、また追記しますね。

 

デザイン

デザインはどうでしょう。

3モデル並べてみます。




出典:シマノ

 

パッと見で感じるのは、アルテグラのハンドルの廉価モデル感です。

ナスキーやサハラと同じハンドルの型が使用されています。(ただしアルテグラはねじ込み式ハンドル)

対して、ソアレBBのハンドルは、グラデーション塗装には賛否両論・好き嫌いがあるでしょうが、シンプルでスッキリしたデザインになっています。

ワタシ個人的にはソアレBBのデザインの方が好みです。

ソアレCI4+は、CI4+ハンドルでやはり高級感がありますね。見た目だけでなく、軽量化に大きく寄与しています。

カラーリングは、ソアレBB、CI4+ともゴールド&ブラックは今までのイメージカラーを踏襲しています。

今回BBはスプールが全体的にゴールドでなかなか攻めていますね。

CI4+はブラック基調にアクセントでゴールドを使った大人なカラーリングです。

ロッドもソアレと組み合わせれば、相性バッチリですね!

対してアルテグラは、グレー、シルバー、ゴールドを組み合わせた、主張の少ないカラーリングですね。

地味と言えば地味になりますが、あえてクセのない無難なカラーリングにしているのだと思います。

ロッドのカラーとの組み合わせにおいては、ソツなくこなしてくれます。

総合評価

ここまでスペック、技術特性、デザインと見てきましたが、個人的に感じるのはソアレBBのお得感です。

アルテグラと比べると、スペックも技術特性も非常に魅力的な内容になっていますし、デザインも優秀です。

これでこの価格であれば、ソアレBBに軍配があがるかな…というのが個人的評価です。

さいごに

ソアレBBは、ライトゲームを本格的に始めたい!という方にうってつけの非常に魅力的なリールです。

このスペックであれば、正直、ライトゲーム中級者でもそこそこ楽しめそうですね。

ソアレBBでライトゲームのイロハを身に付け、経験を積んでから、ソアレCI4+、もしくはストラディックCI4+へのステップアップを図るのが、理想的な流れかと思います。

まずはソアレBBで、大人気のアジングやメバリングはもちろん、キスゲームやハゼクラなんかも楽しんでみては如何でしょうか?

【関連記事】



リール関連カテゴリの最新記事