ダイワ ジグキャスターTMは振出ショアジギロッド!高いモバイル性でどこでも本格ショアジギが楽しめる!

ダイワの人気ショアジギングロッドであるジグキャスターに、新モデルが登場しました。

なんと振出タイプのショアジギングロッドです!

マズメ時だけ…餌釣りの合間だけ…ナブラが時々起きるとき…などなどちょっとだけショアジギをしたい時って結構ありますよね。

そんな時の心強い味方になってくれるジグキャスターTMをご紹介します!



概要

 

まずはダイワのホームページの商品説明からご紹介します。

 

スリム&コンパクトに収納できる振り出しタイプのガイド折りたたみ式ライトショアジギングロッド

近年、大人気のショアジギング。ターゲットは青物、根魚と多彩。朝マズメのショートタイムに、フカセ釣りや投げ釣りの合間にもっと気軽にショアジギングを楽しみたい。そんなニーズにお答えするのが、このジグキャスターテレスコピックモバイルモデル。仕舞い寸法113cmとコンパクトな3本継ぎ仕様。振り出しタイプなので、ガイドに糸を通すのも簡単。また、ショアジギングロッドは元ガイドが大型化するため、ロッドバッグ内でかさばったり、ほかのロッドを傷つける恐れがあったが、当アイテムは、元ガイドに折りたたみ式のWFMタイプを採用。多くのロッドケースにすっきりと仕舞えるスリム&コンパクト設計。
出典:ダイワ

 

テレスコピックの3本継ぎ仕様で仕舞い寸法はなんと113cm!

そして、元ガイドが折りたたみ式になっています!

まさに、手軽に持ち運びできるモバイルショアジギロッドというコンセプトですね。

次項からは詳しくこのロッドの特徴などご紹介していきます。

 



仕様

■スリムに収納できる振り出し仕様

■磯用のロッドケースにもスッキリと収まる折りたたみ式の元ガイド採用
(※竿バックに入れた際、他のロッドの収納を妨げません)

■トップガイドSiCの安心仕様

■サゴシ・イナダ用と、ワラサ・シイラまでカバーする大物用、2本のラインナップ

■Fujiトップカバー付属

■大型グリップ採用でしゃくりもラク
大型のフォアグリップを採用。リールシートをはじめ、あらゆるグリップポジションを選べるので、男性はもちろん、女性でも快適にしゃくることができる。

出典:ダイワ

 

ショアジギロッドって、長いし、ガイドも大きいので、非常にかさばるんですよね…。

でも、このロッドは3本継なので仕舞寸法が113cmと短く、ロッドケースに問題なく収まる長さです。(内寸125cm以下というロッドケースが多い)

ロッドケースにしまわない方でも、この短さなら持ち運びしやすいですよね。

そして、元ガイドが折りたためることで、スペースも取りませんし、他のロッドにいらぬキズをつけるリスクが減ります。

リールをセットしてラインをガイドに通しておけば、思い立ったときにすぐメタルジグをセッティングできるところは大きな魅力!

 



ラインナップ

サゴシ・イナダ用の100M-3と、ワラサ・シイラまでカバーする大物用の100MH-3という、2本のラインナップになっています。

かなり重いメタルジグまで投げれるブランクスになっていますから、本格的にライトショアジギング~ショアジギングを楽しめますよ!

磯でのヒラスズキ狙いも面白いですね。

使いやすいのは、小型ジグから使える100M-3だと思います。

明確に大物ターゲットを狙いたい…ショアジギング級ウェイトのメタルジグを使いたい…というニーズがある方は100MH-3を選べばいいと思います。

※表は横にスクロールできます。

アイテム全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー重量
(g)
適合ライン
ナイロン(ib.)
カーボン
含有率
(%)
定価(円)
100M-33.0531132252.0/18.310-6012-259723,300
100MH-33.0531132402.2/18.335-9020-309724,300

ジグキャスターTMの魅力

このロッドは、ジグキャスターのコンセプトを受け継いでいますが、あくまでモバイルロッドです。

本格的かつ、お手頃な価格のショアジギロッドが欲しいなら、ジグキャスターや、ジグキャスターMXを選びましょう。

すなわち、あくまでサブ的な扱い…いわゆる一時的にメタルジグを投げたい…!まさにそういう方にとって魅力的なロッドになっています。

例えば、磯でフカセ釣りをする方、筏やカセで釣りをする方など…こういうロッドが1本あれば、思わぬナブラにも対応できますよね。

朝夕マズメ時、本格的に、でも気軽に一発青物を探ってみる…そんな使い方もできます。

エサで釣れない時間帯に、思いっきりメタルジグを遠投するのも有効と思います。

1日やると大変なショアジギも、一時的になら気楽にできて、かつ、一発大物も狙えます。

このように、釣りの幅を手軽に広げることが出来ることが、このロッドの最大の魅力だと思います。

さいごに

近年、ショアジギは大人気ですよね。

それはやはり、シンプルなタックルで大物も釣れるから!

ジギングにもバリエーションがたくさん増えてきて、大物を狙う従来のパワフルなものから、他魚種が狙える非常にライトなものまで専用タックルがどんどん生み出されています。

関連記事

 ここ数年、非常に高い注目を集めている『スーパーライトショアジギング』をご存知でしょうか。ウルトラライトショアジギングなんて呼ばれることもあるこの釣り、分かりやすく言うと、従来のショアジギングでは考えられないようなライトタッ[…]

 

それでもショアジギのモバイルロッドなんて、なかなか無いですよね。

だからこそ、このロッドには存在価値があります。

いつでもどこでも気軽に、でも本格的にショアジギングが出来るっていうのは、思った以上に魅力的だと思いませんか?

ジグキャスターTMがあれば、あなたの釣りの幅を一気に広げれるかもしれません。