ホリデー磯はシマノのメガヒット磯竿!堤防エサ釣り入門者の頼れる万能竿!その魅力とは?


シマノのHORIDAY ISO(以後、当記事ではホリデー磯と表記)は、堤防エサ釣りの入門者向けの磯竿シリーズです。

シマノというブランド力に加え、そのコスパ、ラインナップの広さが支持され、多くのエサ釣り師が手にしてきた名竿です。

2017年にフルモデルチェンジし、さらにパワーアップしました。

今回は堤防エサ釣り入門者の頼れる相棒、ホリデー磯の魅力を詳しくご紹介します。

アイキャッチ画像出典:釣具のキャスティング



ホリデー磯の概要

まずはシマノホームページの商品説明からご紹介します。

防波堤・磯竿の決定版、メガヒットロッドの進化形。

メガヒットを記録したホリデー イソが待望のフルモデルチェンジ。カーボン素材を刷新することで軽快な操作性を実現。より多くの方が扱いやすくなりました。外装は本格志向のクールデザインを採用。使うこと、持つことの楽しみをご実感ください。ノーマルモデルはサビキやチョイ投げに適した3mのショートレングスから、磯の上物にも挑める5m30cmまでラインナップ。パイプシートの遠投モデルは手軽なカゴサビキからマダイ、青物も射程に収める多彩な展開。そして白塗り穂先を搭載し、アジの泳ぎやイカの乗りなど、感知能力に優れたアオリイカモデルは硬軟長短4アイテム。いずれも確かなシマノクオリティで、気持ちの良い休日のひとときをお届けします。
出典:シマノ

 

2017年のフルモデルチェンジで、カーボン素材やデザインを見直し、さらにスペックアップしたホリデー磯。

ラインナップは豊富で、長短はもちろん、遠投モデル、アオリイカモデルまで幅広く網羅されていて、自分のスタイルに合わせて最適な磯竿を選ぶことができます。

ラインナップ

スマホでご覧の方は横スクロールしてご覧ください。

品番全長(m)継数(本)仕舞寸法(cm)自重(g)先径/元径(mm)錘負荷(号)適合ハリス(号)カーボン含有率(%)
1.5号 4004.03591.01351.2/19.61~31~388.7
1.5号 4504.505103.01501.2/19.71~31~390.1
1.5号 5305.386103.02051.2/21.71~41.5~489.7
2号 3003.00485.01101.7/19.710~151.5~488.6
2号 3503.504101.51201.7/19.710~151.5~488.8
2号 4004.05591.01401.4/19.61~41.5~490.3
2号 4504.515102.01601.4/19.71~41.5~491.6
2号 5305.386102.52201.4/22.72~52~591.1
3号 3003.00485.01151.7/19.710~152~589.0
3号 3503.504101.51351.7/19.710~152~589.2
3号 4004.04591.01701.5/19.75~83~784.5
3号 4504.515102.02001.5/19.75~83~786.6
3号 5305.376102.02901.5/23.05~83~785.2
3号 400PTS4.00594.02001.6/20.05~83~785.0
3号 450PTS4.455103.02051.5/20.05~83~785.5
3号 530PTS5.306103.02801.5/25.15~83~790.0
4号 400PTS4.03595.52651.6/22.08~124~1086.8
4号 450PTS4.455104.02701.6/22.08~124~1085.6
4号 530PTS5.306104.03451.6/28.28~124~1089.9
5号 450PTS4.455104.02851.6/22.010~255~1284.3
5号 530PTS5.306103.54101.9/28.310~255~1290.1
1.5号 450A4.505103.01501.2/19.71~31~390.1
1.5号 530A5.386103.02051.2/21.71~41.5~489.7
2号 450A4.515102.01601.4/19.71~41.5~491.6
2号 530A5.386102.52201.4/22.72~52~591.1
※P(パイプシート)、TS(テレスピンガイド:遠投用ガイド)、A(アオリイカ)仕様です。

出典:シマノ

 

かなり幅広いラインナップになっていることがお分かり頂けると思います。

大きなくくりで考えると、一般的な磯竿、遠投磯竿、アオリイカ用磯竿という3タイプで構成されています。

品番末尾に、PTSがついているものが遠投磯竿、Aがついているものがアオリイカ用磯竿ですね。

遠投磯竿は、グリップがパイプシートになっているので、デザインに違いがあります。またテレスピンガイドでガイドの口径も大きくなっています。

 

イメージは以下をご参照ください。

■HOLIDAY ISO 1.5-530
■HOLIDAY ISO 4-530PTS:遠投

出典:シマノ

 

 

本体価格は全て、バリュープライスとなっています。

バリュープライスはシマノの低価格帯商品に設定されていることがありますが、いわゆるオープン価格的なイメージです。

参考までにリールで言うと、アリビオが最も安く、人気のバリュープライスリールですよ。

【関連記事】

 

ホリデー磯の実売価格は、ざっくりですがワタシがAmazonで調べたところ、以下の雰囲気です。
(2018年10月現在)

最も短い磯竿2号3mモデルで6,000円台半ば〜

遠投磯竿モデルで10,000円台〜

アオリイカモデルで8,000円台後半〜

 

基本的には、号数が大きく、長さが長くなるほど価格は高くなっていきます。

いずれにせよ、シマノのロッドとしてはかなりリーズナブルな価格設定となっています。



ホリデー磯の魅力

ホリデー磯は超一流メーカーであるシマノのロッドでありながら、価格を最大限に抑えた磯竿という点が最大の魅力です。

最も短いモデルなら、6,000円台半ばから購入することが出来ます。

価格は安くともさすがのシマノクオリティで、安心してエサ釣りを楽しめます。

釣り入門者は、当然釣り道具の良し悪しなんて簡単には分かりませんが、安かろう悪かろうまではいかない低価格の安心して使える竿が欲しいのではないでしょうか?

入門者に必要なことは、余計なトラブルに見舞われることなく、純粋に釣りを楽しめることです。

高いスペックを備える竿を入門者が持ってもその力を引き出すことは難しいものです。

そういう意味で、ホリデー磯はドストライクな竿です。

ラインナップも豊富で磯竿〜遠投磯竿まで揃いますし、気軽に複数持って楽しむこともできますよね。

万能竿としての立ち位置

よく堤防の万能竿としておすすめされる磯竿。

万能竿の定義…なんてものはおそらくないと思うのですが、要は浅く広く複数ジャンルの釣りをこなせる竿…という解釈ではないかと思います。

実際問題、各ジャンルの釣り竿に求められる性質は大きく異なるものであり、全てをこなせる竿なんてあり得ない訳です。

どこまで広くこなせるか…?そこを議論とするのが万能竿であるべきですよね。

そういう意味で、磯竿の類いはエサ釣りという範疇においては万能性を発揮しますが、とある人気の釣りはこなせません。

それは、ルアーフィッシング。

長く、しなやかさを前面に押し出した磯竿では、ルアーを思ったように操作することは至難の業です。

無理やりやるならば、なるべく短くパワーのある2号3mのモデルでミノーやジグヘッドにセットしたワームのただ巻きくらいならできるかな…といったところで、非常に限定的なことしかできません。

メタルジグをシャクったり、ミノーをジャークしたり、ワインドでジグヘッドをダートさせたり…なんてことは相当困難。

磯竿を購入するなら、基本的にはエサ釣りしかできないと理解してもらっていいと思います。

では、エサ釣りもルアーフィッシングも出来る万能竿はないのか…?と聞かれると、ワタシがおすすめするのは『シーバスロッド』です。

ルアーフィッシングはもちろん、ちょい投げや胴突きなど、堤防の一般的なエサ釣りであれば広く対応できます。

ルアーを操作できる張りをもちながら、適度なしなやかさも備えるロッドが多いので、エサ釣りにもなかなか適応してくれるんです。

ということは、磯竿はシーバスロッドに劣る万能竿なのか…?というと全くもってそんなことはありません。

その長さと、しなやかさがもたらす大きなメリットも確かに存在します。

少しエサ釣りに慣れてきたら長い仕掛けも扱いたくなるものですが、シーバスロッドではやや長さが足りません。

特にウキ釣りをするなら磯竿が有利です。

ウキ釣りの他にも、泳がせ釣りやぶっこみ釣りなど投げたあとは比較的放っておくような釣りでは、磯竿の方が喰い込みもよく違和感を与えにくいのでよく釣れます。

また、圧倒的なしなやかさは、魚を掛けたあとは竿全体が上手く力を吸収してくれるので魚をバラシにくくなります。

万能竿と一言で言うものの、その中でも当然向き不向きがあるので、そこを理解して竿を選ぶことが大切です。

到底ルアーフィッシングはしないだろうな…という方なら、まずは磯竿を購入するといいでしょう。

ルアーフィッシングも視野に入れるなら、シーバスロッドを購入することも検討してみてください。

【関連記事】

さいごに

初めて堤防でエサ釣りをする…という方にはうってつけのホリデー磯。

安心して長く付き合える磯竿です。

また、エサ釣りのイロハをこの竿で身につけたならば、次のステップに進むための竿選びの方向性ができてくると思います。

というのも、ホリデー磯はあくまでも入門者向けロッドですから、釣りが上達してくるとどうしても物足りない点や、あーしたいこーしたいという点もでてきます。

自分が物足りないと思うのはどういうところなのか…そこを埋めてくれる竿を選べばいい訳ですよね。

もちろん、ずっとホリデー磯で満足!という方もいるくらいの竿ですよ。

エサ釣り入門するなら、ホリデー磯も是非検討してみてくださいね!