子供の釣竿(ロッド)とリールの選び方教えます!セット物は危険?おすすめ品をご紹介!

まだ小さいお子さんを海釣りデビューさせたい…そんな時おすすめできるロッド(釣竿)とリールをご紹介します。

体が小さい分、本人の体格にあったものを選ばないと、快適に釣りができない可能性も。

筆者も、小学生と幼稚園の子供がいますので、実際に一緒に釣りをした実体験を元にしています。

ワタシ自身の釣りのキャリアもかなり長いので安心してご一読ください。



小さな子供の実釣中の行動

わが家の長女は、3歳で釣りデビューでした。

もちろん、これはかなり早いデビューで全て手取り足取りでしたが。

バス釣りという名のギル釣りから始めて、徐々にステップアップさせていきました。

ギルを釣って喜ぶ娘は微笑ましかったものです。

 

5歳になり、サビキくらいなら自分で一通りの動作はできるようになったので、ロッドを購入してあげました。

ちなみに、その時の娘の様子は以下の感じです。

 

■ロッドを大切に扱うという気持ちは軽薄

■ロッドの穂先までの距離感を把握できず、ティップ(穂先)を壁やフェンスにガンガンぶつける

■魚を釣ったらロッドを地面に置いて針を外すが、その後無意識にロッドを踏みそうになること多々

 

ま、5歳くらいで釣りしたらこんな感じになるのは当たり前ですよね。

ロッドはいつ折れてもおかしくないと思いながら見守ってください(笑)



どんな釣りをする?

釣り経験が浅い、幼稚園~小学生が楽しめそうなのは、サビキ釣りが第一候補で、次に胴突きを足下に落としての釣りが第二候補といったところではないでしょうか。

関連記事

海釣りの中でもサビキ釣りは最もポピュラーな釣りの1つです。特に漁港でのサビキ釣りは波もなく穏やかな環境で釣りができることから、暖かい時期にはファミリーフィッシングの定番ですね。シーズンは5月頃から12月頃までと長く、魚が釣れ[…]

関連記事

  胴突き仕掛けはシンプルな仕掛けで手軽に五目釣りができるところが魅力です。サビキも手軽で簡単ですが、サビキは主にアジやイワシなどの青物を狙うので、群れがいなければ釣りようがないのに対して、胴突き[…]

 

ちょい投げやルアーなどのキャストする釣りは、小学校中学年~高学年まで待ちたいですね。

周囲を冷静に見れないので、他の釣人とのトラブルの元になります。

もちろん、大人が投げてあげて、巻くのはお子さんというスタイルならアリです。

 

子供との釣りで気を付けるべきことや、やさしい仕掛けについて考察した記事はこちら。

関連記事

あなたが釣り好きで、お子さんが生まれたなら、『いつか一緒に釣りにいきたいな...』と自然に思うはずです。 また、あなたが釣りに興味がなかったとしても、お子さんから『釣りをしたい!』[…]

関連記事

初めて子供を釣りに連れて行くときに、気になることはたくさんありますよね。今回は仕掛けについて考えてみたいと思います。お子さんを連れて行くなら、重要なのは以下の二点ではないでしょうか。とにかくなんでもいいから魚が釣れる[…]

おすすめの基本タックルは?

足下に落とす釣りがメインとなると、

ロッド:取り回しを考えて長すぎないもの
リール:バックラッシュなどのトラブルの少ないスピニング

という組み合わせがおすすめです。

ちなみに、ラインはナイロン2号くらいがいいと思います。

 

ロッドについては、初心者にはシーバスロッドをおすすめしているのですが、今回は対象がまだ小さい子どもなので、シーバスロッドではやや長いこともあるかもしれません。

関連記事

 今回はこれから海釣りを始めたいとお考えの方向けのテーマです。中でも、『海釣り(船ではなくて陸からの釣り)、面白そうだからとりあえずやってみたいんだけど、詳しいことはよく分からない…。まずは色々な魚[…]

 

そういう時は、バスロッドを探してください。

小学生の低学年~中学年くらいまでなら、ジャストサイズです。

 

なお、よく格安ロッドとセットで販売されているリールがあります。

このセットもののリールはおすすめしません。

すぐ壊れるものが多いです。

すぐにハンドルが空回りするようになったりするものもあり、そうなると釣りが続行できません。

 

対して格安ロッドは、案外使えるものも増えてきました。

娘が5歳の頃に買ってあげた格安バスロッドは、いまだに現役で、次女へと受け継がれています。



おすすめロッド

低価格帯では、プロマリンが信頼のメーカーとしておすすめできます。

ロッドを始めとして、ランディングネットや、バッカン・小物なども展開している、安心できるメーカーです。

展開している商品全体的に低コストなことが特徴的なメーカーで、もちろん低コストなりの商品ではありますが、コストパフォーマンスで言えば非常に良いです。

あとはシマノ、ダイワの入門用低価格ロッドが安心です。

プロマリン(PRO MARINE) バスレンジャー

めちゃくちゃ安いですが、子供が使うには十分なスペックを誇ります。

コストパフォーマンスはMAX。

幼稚園~小学生低学年なら、これが1番おすすめですね。

この竿を使って、太刀魚を5匹、50センチ以上のシーバスを4匹釣り上げています。
非常に柔らかくて、魚を寄せてくることに苦労を感じると思いますが、魚の重みをダイレクトに感じることができ楽しいです。
チープさは否めませんが、仕舞寸法が94センチとコンパクトだったので、携帯しやすくさらに軽量。
遠投は難しいですが、15m程度の幅の狭い河川や河口などでは、橋脚やストラクチャーを攻めることも可能。
この価格帯にしては性能はそこそこで、十分すぎる釣果をたたき出しています。
出典:Amazon
バスに限らず、海のちょい投げや落とし釣り、エギングにと買ってみたが、なかなかどうして、1000円以下でこの品質は素晴らしい。グラスブランクなので少々乱暴に扱っても心配無いし、意外とバット付近にパワーがあるので、40cm程度のバスなら全く問題無さそう。アクションも素直なミディアムファーストで、一般的に使い易いと思う。7歳児にも安心して使わせられる。追加で2本購入した。
出典:Amazon

プロマリン(PRO MARINE) ラガーバス

少しデザインがカッコよくなるモデルもご紹介します。

バスレンジャーよりは少し値段が上がりますが、大人の方が雑に扱えるサブロッドとしても使えていいんじゃないでしょうか。

見た目高価なロッドと見劣りしません

グラス特有な調子ではありますが、価格の割りに造りは丁寧です。
またバスロッドでセパレートのグリップは珍しいのではないでしょうか?
出典:Amazon

すごいコスパ!!!!!!!

15gのジグでヤズを釣りました!
この竿でヤズはいけますよ!
でも1番柔らかいタイプなのでコの字になりますが…
出典:Amazon

プロマリン どこでもルアーロッド80

こちらはシーバスロッド、もしくはエギングロッド的なロッドです。

やや長くなるので、小学生中学年くらいから扱えるイメージです。

しっかりしたロッドで、パワーがあります。

キャストできるようになれば、ちょい投げにも良さそうですね。

関連記事

ちょい投げは仕掛けがシンプルで、その名の通りちょいっと投げて引いてくるだけで様々な魚が釣れます。中でも初夏から晩秋にかけてのキス釣りは、ちょい投げで狙うメインターゲットです。コンコンッ!というキス特有のアタリは病みつ[…]

タチウオを狙いにファミリーフィッシング用途で購入。とにかく安いです(フィッシングマックスでも約3千円)。でも「安かろう悪かろう」はこのロッドには当てはまりませんね。

3千円でこの竿ならコストパフォーマンスは最高です。元々このクラスのロッドは5千円以上したと思いますが、昨今のイカ釣りブームなどで需要が上がったのか、かなりお安い価格設定になっています。

出典:Amazon



シマノ ルアーマチック S66ML

世界のシマノからも低価格ロッドが展開されています。

ルアーマチックはバリエーション豊富なラインナップで入門者を強力にバックアップしてくれるシリーズです。

関連記事

 出典:シマノ シマノのルアーマチックは入門者用として確固たる地位を築いている人気ロッドシリーズです。最大限に価格は抑えながら、実際の使用において不安の少ないクオリティを備えているところが最大[…]

 

こちらのS66MLはバスロッド的に使えるタイプです。

もちろん、プロマリンに比べると高くなりますが、品質は大きく向上します。

間違いなく、大人の方も使えるレベルですので、より安心した品質を求められるならシマノがおすすめです。

小学生高学年になれば、これをプレゼントしたら喜んでくれるでしょうし、長く使えますよ。

80cm、5キロのスズキでも余裕でした。
強くてコシがあります、見た目以外は入門用以上のいいロッドですよ!
出典:Amazon
色々な用途で使用してます。女性には重さも長さも扱いやすく色々な魚種を釣ることができます!!
出典:Amazon
ダイワから2018年に、ルアーマチックの競合モデルが新発売されました。
ルアーニストというのですが、デザインはこちらの方がカッコいいですね。
関連記事

ダイワからルアーニストというロッドシリーズが新登場しました!釣りを始めたい...!こんな入門者を強力にバックアップする全17アイテムという幅広いラインナップで、おかっぱりのあらゆるターゲットに対応します!購入しやすいお手頃価[…]

シマノ ルアーマチック S86ML

こちらのS86MLはルアーマチックのシーバスロッド・エギングロッド的な位置付けです。

防波堤からなら、様々な釣りに対応できると思います。

小学生高学年になったら買ってあげては如何でしょう?

息子に頼まれて購入。
とても気に入ってるようで、今まで買った釣竿の中でも一番大事に扱ってます。
出典:Amazon
ルアーも投げやすいし、軽くて非常に使いやすいです。
シーバス、青物、根魚、色々釣れて子供達と楽しんでます(^ ^)
出典:Amazon

 

ちなみに、振出式のコンパクトロッドというのもいい選択肢です。

シマノから2018年に発売されたフリーゲームは評判も上々です。

筆者も実際に手に入れてみましたが、アンダー1万円とは思えないクオリティでした。

関連記事

  最近、発売されたシマノの最新振出ロッド『フリーゲーム』を早速購入してみました!今回、手に入れたのは、S80ML-4!現時点のラインナップの中で、最強のバーサタイルロッド[…]

 



おすすめリール

シマノのバリュープライスの3機種を熱烈におすすめします。ロッドとセットになっているような他社の格安リールは、ほんとにすぐギアがおかしくなります。(実経験談)

以下のモデルがバリュープライス御三家です。

■アリビオ
■セドナ
■ネクサーブ

シマノのリールは低価格のリールでもギアがかなりしっかりしていますので、圧倒的に長く使えますよ。

特にセドナのギアはかなり優秀です。

3,000円台~4,000円台クラスのリールなら、ダイワよりシマノの方がおすすめです。

3機種、それぞれに特徴があるので、好みに合わせて選んでください。

その関係を分かりやすく表すと、以下の雰囲気です。

【価格】
アリビオ<セドナ≒ネクサーブ

【スペック・機能】
アリビオ<ネクサーブ<セドナ

【デザイン】
アリビオ<セドナ<ネクサーブ

 

番手(サイズ)は2500番が万能で、小物メインであれば2000番クラスを選べばOKです。

 

ちなみにバリュープライスというのは、家電でいうところのオープンプライス的なイメージです。

定価はないんですが、かなりお求めやすい価格になってます。

アリビオ

シマノリールの中で最も安いです。

最初からナイロンラインが付いています。

関連記事

 出典:シマノ アリビオと言えば、シマノリールの中で最も安く購入できるリールです。同時に、Amazonの売上ランキングで常にTOP争いをする超人気リールでもあります。これは価格と品質の[…]

セドナ

バリュープライスリールの中で最もスペック・機能的に優秀です。

この価格なのに、ドライブギアと呼ばれるメインギア部分には超々ジュラルミンという最高級スピニングリールに使われるのと同じアルミ合金素材が使われています。

関連記事

シマノから2017年にニューモデルが発売されたセドナですが、これが現在でも素晴らしくコストパフォーマンスの高いリールなんです。 初心者の入門機としてはもちろん、サブリールとしても満足できるセドナについて詳しくご紹介[…]

ネクサーブ

バリュープライスリールの中で最もデザイン面を意識しています。

ナイロンライン付きのモデルもあり。

関連記事

2018年にシマノから新発売となったリールの1つがネクサーブです。 定価はバリュープライスとなっています。 しかし、すでにバリュープライスのリールはセドナとアリビオがある中で、あえてネクサ[…]

 

なお、いくらスピニングリールと言っても、ライン(糸)トラブルは子供につきものです。

替えのラインを用意しておくことを強くおすすめします。

以下のラインは信頼のメーカーであるサンライン製品でありながら、大容量かつお手頃価格です。

さいごに

今回は、お子さんの釣りデビューにおすすめのロッドとリールをご紹介しました。

どうしてもロッドを雑に扱ってしまうでしょうから、良すぎるものを購入する必要はないのですが、安かろう悪かろうでは困りますからね。

今回ご紹介した商品であれば、お子さんが長く釣りを楽しめるクオリティを備えています。

みなさんご家族が釣りを楽しめることを願っております。



リアルタイムで絡みたい方は気軽にツイッターからどうぞ!!釣り好きのみなさまと繋がれれば幸いです。