キスをワームで釣るならサンドワームがおすすめ!エサより効果的な時も!上手く釣るためのコツを教えます!

近年流行りのライトタックルで楽しむキス釣り。

ライトキスゲームなんて呼ばれたりもしますね。

キスゲームという名前がつくのはモチロン、ワームでキスが釣れるからです!

しかしながら、どんなワームでもキスが釣れる訳ではありません。

如何にしてキスが好む、多毛類(イシゴカイなどの虫)やエビっぽさを出せるかがキーです。

もしあなたがキスをワームで釣りたいなら、ガルプのサンドワームを使うのが絶対オススメ!

今回はサンドワームを用いたキスゲームについてご紹介します。

アイキャッチ画像出典:ピュア・フィッシング・ジャパン



キスゲームとは

一般的には、アジングなどのライトゲームタックルを流用して、一本針にワームでキス釣りを楽しむスタイルを指します。

実際には厳格な定義はなく、ウルトラライトキスとか、ライトキス釣りとか色んな呼び方があり、別にワームを使わずとも一本針で虫エサをつけて釣ろうが、なんでもアリです(笑)

自由な発想で楽しめばいいと思います。

今回は、ワームを用いたキスゲームにフォーカスして話をすすめていきます。

【関連記事】

キスという魚を知れば攻略法は見えてくる

キスは砂地を好む魚で、特に産卵期である夏場には、ごく浅瀬にまでやってきます。

実際に砂浜で釣りをしていると、波打ち際近くで釣れるような日も多々あります。

浮いていることはほとんどなく、底付近で砂の中の多毛類やヨコエビ、根付近にいるエビやアミを捕食しています。

中でも、主に好むのは多毛類であろうと思われます。

ですので、至極シンプルに底付近で、多毛類をワームで演じてやればいいわけです。

底にいますから、アジングやメバリングのように、層を探る必要はありません。

また、キスが十分接岸している夏場であれば必要以上に遠投する必要もないですから、ライトタックルで届く範囲をどんどん手返し良くランガンしていくスタイルで数を伸ばしていくわけです。

極細PEラインを使いますから、思ったより飛距離もでますからね。



おすすめはサンドワーム

多毛類を演じてやればいいわけですが、意外と多毛類をイミテートしたワームはそう多くありません。

多毛類って、かなり多くの魚が好むエサなのに、なんででしょうね?

人間が、見た目的に好きになれないから思ったより売れない・・・というような理由の気もします(笑)

そんな中で、知名度・実績ともにバツグンのワームが、バークレイのガルプ!サンドワームです。

見た目は、それこそTHE・多毛類!

それ以上でもそれ以下でもありません。

そして、強烈なガルプ臭と絶妙な素材の硬さ、サイズバリエーションで、キスゲームの絶対的ワームとして君臨しています。

サンドワームのバリエーション

サンドワームは、2018年4月から、素材やフォーミュラーが一新!さらに強力に生まれ変わりました。

■奇跡の新フォーミュラ配合!釣果30%UP!
Gulp!のワーム内に含まれる味と匂いの成分「フォーミュラ」が今回のGulp!から刷新!100時間以上に及ぶテストの結果、これまでのGulp!に比べ約30%の釣果UPを達成!

■ぷるぷる感!針持ちUP!
フォーミュラを変更した結果、製造工程が変わり「ぷにぷに」、「もちもち」したマテリアルの質感に進化!結果、Gulp!に動きが!喰いこみも抜群に!針持ちも向上!
出典:ピュア・フィッシング・ジャパン

現在、サンドワームは3種類がラインナップされています。

当日のキスの好みに合わせて選べますよ。



ガルプ!ソルトウォーター サンドワーム 2インチ

2インチですから、基本的にはこのまま針に刺せばOK。

キス釣りに限らず、ライトゲーム五目釣りの強力な味方です。

■人工餌の革命!『ガルプ!サンドワームシリーズ』のひとくちサイズの2インチ(5cm)!

脚が48本あり、思わずのけぞるほどリアルなシェイプ。48本の足が水流を受け、魚好みの微波動を発します。

ボトムゲームだけでなく、流れにのせたドリフトも有効!

SWベイトフィネスなど海の小物釣りに新たな可能性を広げています!

チヌ用にもベストマッチ!!

出典:ピュア・フィッシング・ジャパン

ガルプ!ソルトウォーターサンドワーム4インチ イソメタイプ細身

こちらは4インチですから、ライトキスゲームでは基本的にはそのまま使わず、カットして使います。

キスの活性に合わせて、自由に長さを調整できます。

■海の釣りにオールマイティ!生餌が不要に!?
細長いシェイプのため、アピール力も高く、吸い込み易さも抜群!!! 生餌を触るのが苦手な方もこれなら大丈夫!


出典:ピュア・フィッシング・ジャパン

ガルプ!ソルトウォーターサンドワーム4インチ イソメタイプ太身

最後は、さきほどご紹介したイソメタイプの太身になります。

存在感を出せますので、アピール力があります。

基本的には細身タイプをメインに使いながら、様子を見て太身も試してみるようなスタンスがいいと思います。

キス釣りにワームを使うメリット

ほとんど動かさないような釣りであれば、ほぼ間違いなくエサには勝てません。

しかしながら、ワームのメリットというのも確実にあります。

ワタシが思うメリットは以下の通り。

①手返しの良さ
何よりもメリットであろうと思います。

エサは、基本的には一投ごとに痛み具合をチェックして、つけ直しすることが多くなります。

その際には、エサを切る、針に通す…といった面倒な作業がつきまといます。

ワームはフグなどにかじられない限りは、何匹か釣るまでよほど痛みません。

どんどん歩いて、ワームを喰うキスを探せばいいのです。

②カラーセレクト(ローテーション)が可能
エサにはできない芸当である、カラーセレクト・カラーチェンジが可能です。

水の濁りによっては、ハイアピールなカラーを選ぶことで、エサより目立たせることが出来ます。

③虫エサのように鮮度を気にしないでもいい
夏場は特に、虫エサの鮮度にも気をつかいます。

外にほったらかしにしておくと、すぐ弱ってブチブチ切れるような状態になって針に通しにくくなったり…経験ありません?

クーラーに出し入れするにも、色々と問題ありますよね。(保冷の問題、手間という問題)

ワームは当然、そんな心配無用です。

前日や当日に、どこでエサを買うか…?といったことも気にする必要がありません。

④虫エサを触りたくない人でもキス釣りを楽しめる
地味にコレが嬉しい人もいるのではないでしょうか?

女性には多いかもしれませんね。

やっぱり虫エサって生理的には触りたくないですよね。

ワームならそういう嫌な気持ちにはなりません。

【関連記事】



釣り方・効果的なアクションは?

基本はゆっくり底をズル引きです。

サンドワームならではの脚が、絶妙な水流でアピールします。

時折止めてシェイクしてキスの気を引く→ゆっくりズル引きで喰わせる、という誘いも有効ですが、止めている(ステイしている)ときのバイトは、虫エサには敵いません。

いくら脚があっても止めているときは動かないし、ガルプフォーミュラーも生きた虫エサのライブな香りには敵いません。

そういう意味でも、止めてじっくり見せないと釣れないようなキスの活性が低い日には、苦戦を強いられるかもしれません。

そういう時には、同じ場所で粘ってもいいことはありません。

やる気のあるキスを探して、移動・ランガンすることが正解です。

いるところにはヤル気のあるキスがいるものです。

『なんだよ、ワームでキスなんて釣れねぇじゃねぇか!』なんて思うよりも

大切なのは、釣れるキスを探すこと!ですよ。

釣れるときはびっくりするくらい、簡単に釣れますから。

おすすめ小物

アタリはあるけど掛からない…そんな時も多いワームでのキス釣り。

そんな時はアシストフックをつけることをオススメします!

おすすめは、がまかつの鬼爪シリーズ!中でも、即掛けスペシャルはすごいですよ!

ナノスムースコートという特殊な表面処理がされていて、まさに触れただけで刺さる!と言っても過言ではないほど、刺さります。

ワタシ、実際に仕掛けセット中に自分の指に誤って刺してしまったことがあるのですが、あんまり力は加わってないはずなのに、スッ…っとなかなか深く刺さりました。

ナノスムースコートが施されたフックは少し高いですが、他のフックとは明らかに刺さりの違いを感じますので、正しく使えばかなり心強い味方ですよ(笑)

この程度の出費ですむなら、少しでも釣れた方が楽しいですんもんね!

 

さいごに

ライトキスゲーム、手軽ですし、けっこうアタリもあるので楽しいですよ。

このアタリを如何にして獲っていくか、というのが面白いところです。

サンドワームであれば、きっと多くのアタリを得られるはずです。

みなさんも、サンドワームの強みを活かして、ライトキスゲームを満喫してみてください!