ソアレSSが2018年モデルチェンジ!アジング・メバリングのニュースタンダード!


出典:シマノ

 

シマノから展開されているライトゲームシリーズと言えばソアレシリーズです。

 

そのソアレの中でSSシリーズは、入門者用のBBシリーズのワンランク上のロッドなのですが、2018年夏、満を持してモデルチェンジを迎えます!

 

メバルが主なターゲットのソアレSSと、アジがターゲットのソアレSSアジング、モチロンどちらも新しくなります!

 

今回は、ニューソアレSSがどう進化したのかを、旧モデルのソアレSSと比較しながら掘り下げてみたいと思います。

アイキャッチ画像出典:シマノ


スペック比較

スペックを比較しようと思いましたが、カタログを見ると重要な重さが、まだ未定となっています…。

発表次第、下で比較表に載せるようにします。

ソアレ

各モデルを代表して、スタンダードモデルのS706ULT(旧モデル)と、S76UL-T(新モデル)で比較。進化の方向性を見てみましょう。

旧モデル S706ULT新モデル S76UL-T
全長(m)2.292.29
仕舞寸法(cm)117.1117.1
自重(g)78未定
適合ルアーウェイト(g)0.6〜60.6〜6
適合ラインPE/フロロ(号)0.1~0.6/1.5〜40.1~0.6/1.5〜4
本体価格(円・税込)26,46027,540
実売価格(円・税込)16,765 注118,451 注2

注1:Amazon価格(2018年8月3日現在)
注2:新モデルは2018年9月発売につき予約受付中。楽天予約価格より。(2018年8月3日現在)

ソアレSSアジング

こちらは各モデルを代表して、スタンダードモデルのS604LS(旧モデル)と、S64L-S(新モデル)で比較。同じく進化の方向性を見てみましょう。

旧モデル S604LS新モデル S64L-S
全長(m)1.931.93
仕舞寸法(cm)99.099.2
自重(g)68未定
適合ルアーウェイト(g)0.6〜120.6〜12
適合ラインPE/フロロ(号)0.1~0.6/1.5〜40.1~0.6/1.5〜4
本体価格(円・税込)27,00027,000
実売価格(円・税込)18,360 注118,090 注2

注1:Yahoo!ショッピング価格(2018年8月3日現在)
注2:新モデルは2018年7月発売につき予約受付中。Yahoo!ショッピング予約価格より。(2018年8月3日現在)

技術特性

ソアレ

【旧モデル】
■ハイパワーX
■タフテックα(S703SULS、S706ULS、S710ULS)
■ソフチューブトップ(S706ULT、S800LT、S806LT)
■CI4+

【新モデル】
■ハイパワーX
■タフテック(S76ML-S)
■タフテックα(S73SUL-S/S76UL-S)
■ソフチューブトップ(チューブラー採用機種)
■CI4+

ソアレSSアジング

【旧モデル】
■ハイパワーX
■タフテック(S608ULS、S702ULS)
■ハイレスポンスソリッド(S604LS、S610LS、S704LS、S710LS)
■CI4+

【新モデル】
■ハイパワーX
■ハイレスポンスソリッド
■CI4+

 

【各技術特性詳細】


■ハイパワーX

キャスト時やファイト時に発生するネジレをさらに抑え込む強化構造。スパイラルXの最外層、あるいはカーボンシート縦横交差構造の上からカーボンテープをX状に締めあげていくのが特長。これにより、ロッドの曲がりが釣り人の意図する方向性を保持し、ブランクスが持つ本来の性能がフルに発揮されます。

■ソフチューブトップ

特殊設計により軽量・高感度のチューブラー穂先にソリッド並みのしなやかさをプラス。よどみのない、きれいな曲がりも特長です。

■タフテック

素材の配合と製法を見直すことで、従来にない強さを与えられたカーボンソリッド穂先。タフテックαと比べて張りのある高感度が特長です。

■タフテックα

タフテック穂先の張りを抑制した穂先。穂先の径を落とさず、強度も保ちながら、しなやかで繊細な曲がりを実現したソリッド穂先です。

■ハイレスポンスソリッド

掛け調子のためのティップ。小刻みなリグの操作に追従しながら、アタリがあれば速攻で掛けられるクイックレスポンス。積極的に感じて掛ける攻撃的なスタイルに対応。

■CI4+

カーボン繊維によって強化したシマノ独自の素材CI4とさらに進化させたCI4+。従来樹脂と比較してより軽量で高い強度を備えているのが特長。リールシートに採用することで軽量化するとともにロッドの感度と操作性を飛躍的に向上させています。
出典:シマノ

スペック・技術特性の比較から分かること

自重がまだ未定ですから、そこの比較はできませんが、それ以外に数字上では大きな差異は見受けられません。

ただ、ほぼ間違いなく軽量化してきていると予想します。

ソアレSSは技術特性を見ると、タフテックを新たに搭載したモデルを投入しています。

従来のタフテックαでノセ調子のしなやかなモデルだけではなく、異なったアプローチで攻めれるモデルも必要と感じたのでしょう。

ソアレSSアジングは、タフテック搭載モデルはなくなり、ハイレスポンスソリッドに統一されました。

より掛け調子のハリのある方向にシフトしたように感じます。

メバリングとアジング、それぞれの現在(いま)に適したモデルに進化したと言えます。



デザイン

今回、デザインは大きく変化しています。

旧モデル

■ソアレSS
 


■ソアレSSアジング
 

出典:シマノ

新モデル

■ソアレSS
 

■ソアレSSアジング
 

出典:シマノ

 

ブリッジライクシート採用で、見た目はかなり硬質かつ、シンプルになりました。

個人的にはこのブリッジライクシート、かなりカッコいいと思います。

感度も良さそうですよね。

実際、シマノによると以下の効果があるようです。

表面硬度を高めたことで従来素材よりも感度に優れ、さらにコンパクトな設計により、掌とリールシートとの接触面が減ることで感度がさらに向上します。
出典:シマノ

 

このデザインと説明を見て、メバルやアジの繊細なアタリを『コ…』と感じられそうな気がするのはワタシだけではないはずです(笑)

さいごに

新しいソアレSSは、旧モデルに比べてカッコよくなり、感度も向上していそうです!
(重さが分かり次第、また記事に反映しますね。重さは感度に直結しますので…)

 

この性能、このデザインのロッドがこの価格帯で手に入るのは本当に素晴らしいことです。

 

もっとライトゲームを楽しみたい!上手くなりたい!というライトゲーム初級〜中級のみなさん、是非新しいソアレSSを試してみてください!

 

きっとあなたのステップアップに寄与してくれるロッドですよ。