19キャタリナはオフショアの本格ジギング入門にピッタリの堅牢ベイトリール!心臓部はソルティガ譲り!

出典:ダイワ

 

ダイワから19キャタリナの情報がでてきました。

2019年2月デビューを予定しているようです。

オフショアの本格ジギング入門にあたって、大物ともしっかり渡り合えるスペックを備えながらも価格は良心的!そんなリールに仕上がっています。

今回は19キャタリナをご紹介します。

 

アイキャッチ画像出典:ダイワ



概要

ダイワホームページの商品キャッチコピーと説明文をご紹介します。

SALTIGAの心臓部をそのまま移植、安心の堅牢ジギングベイト。

オフショアジギング入門に最適なモデル。大型魚と対峙する強度を備えた堅牢アルミダイカストボディ。心臓部にはSALTGIAと同じハイパーデジギアを搭載。パワフルかつスムーズな巻上性能が魅力の1台。ハンドルにもこだわり、長時間握り続けるハンドルノブには、大型ノブを採用。75―85mmコンバーチブルハンドルアームは、用途によって快適なセッティングが可能。また、スプール交換も出来るため、高切れ時などの緊急時や、ライン号数変更も容易。安心の堅牢ジギングベイト、ここに極まる。

出典:ダイワ

 

紹介文の内容を端的にまとめると以下の通りです。

■オフショアジギング入門モデル
■アルミダイカストボディ
■ハイパーデジギア
■大型ラウンドノブ
75―85mmコンバーチブルハンドルアーム
■スプール交換が容易

 

大物狙いの本格的なオフショアジギングにおいては、生半可なリールではファイト中は魚に主導権を握られるわ、すぐにリールにガタがくるわでロクなことになりません。

したがって、入門用とは言っても価格はそれなりにはなってしまいますが、安かろう悪かろうでは意味がありませんからね。

大物狙いのオフショアジギングは、まさに魚と人とのガチンコ勝負。

その狭間で重要な仕事をするのがリールです。

キャタリナは、安心してファイトできますし、長く相棒として活躍してくれるリールです!

ラインナップ

2018年12月27日現在、最初の発表段階では15Hの1モデルのみのラインナップとなっています。

今後追加があれば、随時追加していきます。

品名巻取り長さ
(cm/ハンドル1回転)
ギア比自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
標準巻糸量
PE(号-m)
ハンドル長さ
(mm)
ベアリング
ボール/ローラー
メーカー希望本体
価格(円)
15H996.443082-500、2.5-40075-854 / 133,900

 

ちなみに、参考までにソルティガ15Hのスペックも並べておきます。

品名巻取り長さ
(cm/ハンドル1回転)
ギア比自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
標準巻糸量
PE(号-m)
ハンドル長さ
(mm)
ベアリング
ボール/ローラー
メーカー希望本体
価格(円)
15H1006.440581-800, 1.5-600,
2-500, 2.5-400,
3-300
75-858/144,400

 

自重とベアリング数にそれなりの差がありますが、ドラグ力も同じですし、基本的なスペックとしては非常に高水準であると言えそうです。

ソルティガの心臓部をそのまま移植とのことですが、ソルティガに比べると定価ベースで10,500円安いですね。

あとは細かい機能面・仕様がどうなっているかですね。

ダイワテクノロジー・機能・仕様

2018年12月27日現在、最初の発表段階ではまだ発表されていません。

紹介文にもありました以下の内容は間違いないでしょう。

■アルミダイカストボディ
■ハイパーデジギア
■大型ラウンドノブ
75―85mmコンバーチブルハンドルアーム
■スプール交換が容易

ドラグはほぼ間違いなくATDと思われます。

スプールロック機能もついているといいんですけどね。写真を見ている限りは搭載されていそうですが。

出典:ダイワ

 

ソルティガ譲りの機能を多数搭載している印象なので、非常にコスパ良好と感じます。

いずれにせよ、この項目は正式な情報が判明次第、追記します。



キャタリナの魅力

ソルティガの基本スペックを受け継ぎながら、省けるものを省いたという印象のキャタリナ。

少しでもお財布に優しく、でも安心して本格オフショアパワーゲームを楽しめる、というコンセプトのリールであろうかと思います。

この項はダイワから全ての項目が発表されてから記載します。

すでに予約は始まっていますね!

実売は現時点でギリギリ2万円台かな…といった雰囲気です。

さいごに

19キャタリナは大物と対峙するオフショアジギングにおいて、安心して使えるリールに仕上がっていそうです。

価格的にもソルティガに比べればグッと下がりますから、手が届きやすいですね。

これからオフショアのパワージギングの世界に踏み込む方には、もってこいのリールだと思います。

安心して釣りに集中できるリールじゃないと不安ですからね。

もちろん、キャリアのある方が使う分にも素晴らしいスペックを備えています。

みなさんもニューキャタリナでエキサイティングなオフショアゲームを満喫しませんか?

【関連記事】