ケイテックは海(ソルト)でもめちゃ釣れる!シーバス・キジハタ・ヒラメ・マゴチなどなんでもござれ!


出典:ケイテック

今回は、キジハタやシーバスを狙う上で私が絶大な信頼をおいているワーム、ケイテック製ワームについて紹介します。



ケイテックを愛用する理由

ケイテックには、私が学生時代にブラックバスフィッシングに夢中だったころに出会いました。

ケイテックというとブラックバス、というイメージの方も多いのではないでしょうか?

私は性分的に、シンプルに美しく成型されたワームが好きで、釣具屋さんで見たケイテック製ワームは当時の私の心を掴むには充分な雰囲気を醸し出していました。

特にスイングインパクトというワームについては、シンプルかつ無駄のないデザインと、その素晴らしい釣果が相まって、私の中での神ワームでした(笑)

実際に釣りをしている時、その瞬間に、自分が使ってるルアーやワームをとことん信じられる事って、すごく大切なことだと思いませんか?

ひとたび疑ってしまうと、リズムが崩れていって、ロクな結果になりません。

当時、スイングインパクトを信じて使い、釣果としてそれに応えてくれたことで、私をアングラーとして成長させてくれました!

と、前置きはここまでにして、具体的に私が今愛用しているワーム達について、紹介していきます。

ケイテックワームはブラックバスだけじゃないですよ!むしろ、海でこそ使ってほしい!

シーバスやキジハタはモチロン、ヒラメやマゴチなんかもよく釣れますヽ(*´▽)ノ♪

スイングインパクト

先程の馴れ初めにも出てきました、スイングインパクトです。

有名ですので、ご存知の方も多いと思いますが、海でもその破壊力は健在です!

【関連記事】

華奢なボディからは想像できない、大きなテールスイングを見せてくれます。3インチを基本にして、活性やベイトサイズを見ながらサイズを前後させます。

さまざまなリグで幅広く使えますが、ジグヘッドでの使用が基本かと思います。

【関連記事】スイングインパクトのジグヘッドが大活躍!

 

ヘビキャロとの相性もバツグンです!

縦にロッドをゆっくりあおってスイープしながら、リフト&フォールしてみてください。

弱々しいけども大きなスイングで泳いだ後のフォールで見せて…ガツン!ですね!

おすすめです。

クレイジーフラッパー

次はクロー系ワームです。

特徴は、バタバタと大きく動くアームと、チロチロ動く触角、グワグワ動くレッグです。

我ながらすごい擬音ですが、まさにこのワームの動きを表していると思います(笑)

テキサスリグでの基本的なボトムパンプ的な使用はモチロン、アピールを活かしてのスイミングもイケてます。

私のホームでは、キジハタとマゴチがよーく釣れます。2.8インチが絶妙のサイズなのですが、品揃えが少ないケースが多いです。。。

マッドワグMini

グラブなのですが、テール部分が非常に長く、繊細な泳ぎをします。

活性がそこまで高くないときなど、ジグヘッドやヘビキャロでアプローチするといいですよ。

バチ抜けでもいいですね。

2.5インチか3.5インチを使い分けます。

イージーシェイカー

スリムなストレートワームです。

全身にリブが入ってますので、水かみがよく、ゆっくり動かして見せていく釣りかたにマッチします。

近距離でのワッキーリグ、ジグヘッドワッキーで使ったり、ダウンショットでネチネチ誘ったり…。

モチロン、シンプルなジグヘッドでも活きますよ。

アピールは弱いので、魚がタフでじっくり攻めたい時は出番ですね。

3.5インチが基本です。

シャッドインパクト

ナチュラルさ満点のベイトフィッシュライクなワームです。

写真の2インチでジグヘッド使うと…

これは生きてる魚そのものやん…これ絶対美味しそうやろ…これなら食べるやろ(;A´▽`A

…アングラーをそんな気持ちにさせてくれます(笑)

実際、魚からどのように見えているかは分かりませんが、釣れる事は間違いありません!

側面のフラッシングが絶妙なんです。。。

メバルやアジにも有効ですよ♪

ヘビキャロで狙えば、深場のデカメバルやデカアジに効きます!

是非お試しください。

さいごに

長々とご紹介してきましたが、ケイテックワームは本当におすすめです!

釣れるのはモチロンですが、造りやパッケージが精巧であることなども、ワームに対するメーカーのこだわりを感じます。

少し脱線しますが、ケイテックは私の尊敬する林圭一さん、という方が作り上げてこられたブランドです。

日本のバスフィッシング発展において、初期から多大な影響を与えてこられた偉人です。

また、先ほどご紹介したスイングインパクトは、バスフィッシングの本場アメリカにおいても非常に優秀なワームとして認知されています。

毎週金曜日に、ケイテック公式サイトで更新される林さんのコラムを読むのが本当に楽しみでした。

しかしながら、2016年2月27日、闘病の末にお亡くなりになられたという悲報が飛び込んできたときは本当にショックでした…。

ただ、林さんが残してくれたケイテックのワームは無くなりません。

新しい林さんのアイデアをもう見ることが出来ないのは本当に残念ですが、今、現存するこの素晴らしいワーム達を駆使して、これからも私の釣りライフを豊かなものにしていきたいと考えています。

以上、長文にお付き合い頂きありがとうございました。