がまかつ レオザソリッドセンサー&シマノ 16ヴァンキッシュ

今回は、がまかつのシーバス用ロッド、ラグゼ ソルテージ リフレックスレオザと16ヴァンキッシュについてご紹介です。

特にレオザは廃盤となりましたが、非常に良いロッドなのでご紹介します。



ロッド

いくつかある私のロッドの中でも、主力なのが

『ラグゼ ソルテージ リフレックスレオザ 89MLソリッドセンサー』です。

 

昨年、レオザからティガロにモデルチェンジしましたが、デザイン的にレオザが好きで、今のところは買い換える予定はありません。

レオザは、もう新品で販売している店舗は非常に少ない状況です。

ソリッドセンサーは私が軽く探したところ、ネットでは見つかりませんでした。

買うならオークション等になろうかと思いますが、とても良いロッドなのでオススメできます!

ちなみにコルクグリップとエンドキャップ付きなところも最高。

 

コルクグリップのロッド自体少ないですし、コルクは使えば使うほど味がでていいんですよね。

最近、ハイエンドモデルでもエンドキャップないロッド多くないですか?

ティガロにもないのが残念なんです。。。

何でなんでしょうね?

使用感

ハリのあるソリッドティップが最大の特徴で、非常に気に入ってます!

ティガロのソリッドモデル2機種の中間のようなスペックで、そういう意味でも価値あるロッドと思います。

 

5グラム~24グラムまで対応していて、ミノーはモチロン、ジグヘッドの操作性なんかも抜群ですよ。

20グラム程度のメタルジグを操作できるハリも持っていて、かなり汎用性も持ち合わせてます。

軽さも132グラムと充分なレベルです。



リール

16ヴァンキッシュ3000HGMをレオザにセットして、おかっぱりからのシーバスゲーム、港内キジハタライトゲームで活躍してくれてます。

ステラコルクハンドルノブにチューンしてるんですが、レオザのコルクグリップとのマッチングが最高です!

使用感

やはり軽さがもたらす感度、そこが一番のメリットですね。

巻き心地は凄まじく軽くスムーズです…。

バチ抜けシーズンの繊細なアタリなんかも取りやすいです。

ジグヘッドを繊細に操作して、感じて、掛けていく…そんな釣りにはピッタリ!オススメ出来ます。

さいごに

みなさんも1番のお気に入りロッド&リール!というセットがあるのではないでしょうか?

そのセットで釣れると、ほんと嬉しいですよね!

今後も使用タックルや、釣り方、考え方など、掘り下げて紹介していければと思います。



フォロー頂けると励みになります。よくつぶやいてるので気軽に絡んでもらえると嬉しいです。