三又ヘビキャロのおすすめワイヤーをご紹介!ワイヤーが毛羽立たずトラブルレス!

みなさん、三又ヘビキャロのワイヤーにこだわりは持たれていますか?

キャロワイヤーは、モノによってはワイヤーが毛羽立ってきたりして、メインラインやリーダーに知らず知らずの間に思わぬダメージを与えてしまうことがあります。

また、そのワイヤーの素材によっても、リーダーとの絡みやすさなど使用感が変わってきます。

せっかく掛けたビッグフィッシュをラインブレイクで逃さない為にも、時合をライントラブルで逃さない為にも、是非!ワイヤーにも気を使っていただきたいと思います。

今回は、ラインに優しく安心・信頼して使えるキャロワイヤーをご紹介します。


吉見製作所 琵琶湖ヘビーキャロライナリーダー

吉見製作所のワイヤーは、ワイヤー部分が形状記憶合金になっています。

よくある、金属の糸を撚り合わせたようなワイヤーではなく、1本の非常に細い、ツヤツヤな形状記憶合金の細い金属棒になっています。(金属棒ですが非常に細いので、見た目もスタイリッシュです。太い針金棒のようなキャロワイヤーは水切りも悪く、見た目も悪いので個人的にはイマイチです。)

非常に直線的でハリがありますが、曲げればくにゃっと曲がる絶妙な硬さ加減。

素材のツヤツヤ感と合わせて、リーダーとの絡みつきを抑制してくれます。

また、ワイヤーの先に、サルカンとつなぐ輪っかをつくるための止め具に金属パーツでなく、収縮チューブ?のような素材をつかってキレイに止められていて、ラインが引っかかったりしません。もちろん、ワイヤーがはみ出したりもしていません。

ただ、何度も使っているうちに、この収縮チューブ?の部分が裂けてくることがあります。

残念ではありますが、個人的にはこれが廃棄のタイミングです。

耐久性という面で、止め具が金属のワイヤーには劣りますが、それ以外の点ではそのシンプルさ、美しさ、使用感ともに最高のキャロワイヤーと個人的に思っています。

取り扱っている店舗が少ないのが難点で、ネットではまれに入荷があるようです。

もし見つかれば、是非お試しください。



デコイ 琵琶湖キャロワイヤーDX

最近発売になった、デコイの新作ワイヤーです。

釣具屋さんでも見かけることが多いワイヤーがデコイの琵琶湖キャロワイヤーですが、これは、ワイヤーの止め具は金具を採用しています。製品ムラもあるとは思いますが、その金具からワイヤーがはみ出していて、何度か使用しているうちにそこが毛羽立ったりしてくることがありました。

これがラインを痛める原因になるのですが、そこを改良したのが今回ご紹介するこの製品、琵琶湖キャロワイヤーDXです!

構造は、金具部分を樹脂でガードするというシンプルなものですが、これならラインを痛める心配はありません。

さいごに

ヘビキャロは、リグが多少複雑になるところがデメリットです。

釣りをしているうちに、どうしてもラインが絡んだりします。

また結び目が増えますから、それだけリグの弱いところがでてくるということです。

そんなリグだからこそ、ラインの結び目をしっかり締めることはモチロン、キャロワイヤーにも完成度が高いものを使うべきだと思います。

少しでも使いやすい、トラブルの少ないキャロワイヤーで、みなさんもストレスなくビッグフィッシュを釣り上げてくださいね!

【関連記事】最近琵琶湖で注目のヘビキャロ派生リグ、『フリキャロ』について。