エッグアームはジャッカルの穴釣りロッド!めちゃスタイリッシュでスピニング・ベイト両方対応!エッグショットとセットで穴釣り攻略!

 

人気のルアーメーカーであるジャッカルから、穴釣り専用シリーズがついに登場しました!

その名もエッグシリーズ!

カラフルでスポーティなデザインが印象的で非常にスタイリッシュ!

今までの穴釣りタックルのイメージを一変させるインパクトがあります。

今回はエッグアームをメインに、エッグシリーズをご紹介します!

アイキャッチ画像出典:ジャッカル



エッグシリーズ概要

2018年10月現在、エッグシリーズが登場した段階ではエッグアーム(ロッド)とエッグショット(ブラクリ仕掛け)の2つで構成されています。

今まで穴釣りと言えば、少し極端な言い方になりますが、ちょっと古臭いデザインの専用ロッドを使うか、別の釣り用のロッドを流用して使うかの2択を迫られていたように思います。

今回、そんな穴釣りというジャンルに、人気ルアーメーカーのジャッカルが一石を投じるような形で投入するのがエッグシリーズです!

見るからにカラフルで近未来なデザインは賛否両論ありそうですが、今までの穴釣り専用ロッドのイメージとは大きく異なることは確かです。

さぁ、さっそく次項からはエッグアームとエッグショットを詳しくご紹介していきます。

エッグアーム

まずはジャッカルホームページの商品説明をご紹介します。

根に潜むターゲットを狙い撃つ

初心者の方でも簡単にルアー感覚で楽しめる穴釣りアイテムが、この「エッグアーム」です。カラフルでスポーティーなデザインが目を引きます。これまでの釣り竿に無いデザイン感が手にする人の所有感を満たしてくれることでしょう。“穴”の奥深くに潜むカサゴやメバル、アイナメにソイと言った根魚をメインターゲットとし、極短設計のブランクスは足元の岩の隙間や根回りを効率よく攻めることに特化しています。またスピニング・ベイトキャスティングリールどちらでもセット可能。お好みのリールをセットし、お使い下さい。
足元の石の隙間に落とすだけで思わぬ大物が飛び出すこともある、まるで宝探しのような穴釣りゲーム。是非EGGシリーズでご体感下さい。
出典:ジャッカル

 

パッと見で眩しい!と目がくらみそうな、ビビッドでカラフルなカラーリングが目を引きます。

カラーはオレンジの3タイプとなっています。

 

スピニングリール、ベイトリール両方に対応し、手持ちのリールですぐ楽しめるようになっています。


出典:ジャッカル

 

長さは、オーソドックスな120cmと、超ショートモデルの55cmがスタンバイ。


出典:ジャッカル



ラインナップ

表は横スクロールしてご覧ください。

EGG ARM SHORTYEGG ARM LONGER
Length(cm)55cm120cm
継数11
自重68g122g
Weight~7号(26g)~7号(26g)
Price¥3,600¥4,600

出典:ジャッカル
Priceは本体価格

 

長さは倍以上差がある両ロッドですが、対応ウェイトはどちらも7号(26g)までとなっています。

 

まさに足元だけを撃つなら、ショーティの55cmは取り回し抜群でしょう。

ロッドが非常に短いゆえに魚のダイレクトな引きを楽しめますね。

 

ほんの少しキャストしたり、少しリーチを広げたところも撃ちたい場合はロンガーの出番です。

エッグアームの魅力


出典:ジャッカル

 

穴釣りは釣りよかの影響もあり注目するアングラーが増えていますよね!

釣りの楽しさを世に発信する素晴らしいチャンネルだと思います。

ほんとに釣りを楽しんでますよね~。

 

さて、釣りよかでも定番の釣りの1つである穴釣りですが、ワタシ個人的にはメーカー各社が展開する穴釣り専用タックルの少なさが気になっていました。

シマノ、ダイワ、がまかつなどの大手ロッドメーカーから、穴釣り専用ロッドが展開されていないので、どうしても選択肢が少なくなってしまいます。

言い方は悪いですが、今までの穴釣り専用ロッドは古臭いデザインのロッドがほとんどで、あまり購買意欲は湧かなかったのです。

ですから、穴釣りを楽しむにあたっては別の釣り用のロッドを流用していましたが、大手メーカーがちゃんと造ったロッドが使えたらいいのにな…と思っていました。

【関連記事】

 

みなさんも穴釣りにもカッコよくて、所有感を満たしてくれるロッドがあったらいいと思いませんか??

こういったニーズを感じてかどうかは分かりませんが、ここで、いち早く市場に新作を投入してきたのがジャッカルというワケです。

ジャッカルは釣りよかとコラボしてますから、この流れは必然と言えるのかもしれませんが、さすが動きが早いですね。

 

さて、エッグアームの魅力についてですが、特筆すべきはやはりそのデザイン性だと感じます。

特に、釣り入門者や女性アングラーがウキウキした気持ちになれそうなデザインですよね。

なかなか思い切ったデザインですから、もちろん賛否両論あるでしょう。

しかし、今までの穴釣り専用ロッドのデザインのイマイチさからすれば、これは革命的なデザインではないかと感じます。

そして、続いての魅力は、ジャッカルのロッドながらも非常に良心的な価格になってる点です。

手軽に楽しみたい穴釣りだからこそ、いくらジャッカルブランドのロッドでも価格が高すぎたら購買意欲は湧きませんよね。

この価格は、他の穴釣りロッドと比較しても十分競争力のある設定だと感じます。

スタイリッシュに手軽に楽しく!そんな穴釣りの楽しみ方を提供してくれるロッドなのではないでしょうか。

実際、大人気商品になっていて2018年12月1日現在、Yahoo!ショッピングの一部の店舗でしか購入することができません。

Amazonや楽天では【ジャッカル エッグアーム】と検索してもでてきません。

注目度の高さが伺い知れますね!



エッグショット

続いて、エッグアームと合わせて使いたいエッグショットについて。

こちらもまずは、ジャッカルホームページの商品説明からご紹介します。

根に潜むターゲットを狙い撃つ

初心者の方でも落とすだけで簡単にルアー感覚で楽しめる穴釣りアイテムが、この「エッグショット」です。岩や根周りの“穴”の奥深くに潜むカサゴやメバル、アイナメにソイと言った根魚の目の前まで届く低重心タマゴ形状に、先端が突き出した“すり抜けバンパー”が根ガカリを防ぎ、手返しのよい穴調査を可能とします。また半固定ビーズによりオモリの位置を容易に変更する事が出来、多彩な攻め方が可能です。セットするのは、活き餌や生餌だけでなく、2~3インチ程度のワームとでもご使用いただけます。足元の石の隙間に落とすだけで思わぬ大物が飛び出すこともある、まるで宝探しのような穴釣りゲーム。是非EGGシリーズでご体感下さい。
出典:ジャッカル

 

穴釣りと言えば、仕掛けはブラクリですね。

ジャッカルが独自に開発したブラクリ仕掛けが、エッグショットです。

根がかり回避性能を求めた結果である独特の形状や、オモリ位置の変更が可能な点は、さすがジャッカルと言ったところです。



ラインナップ

表は横スクロールしてご覧ください。

エッグショット

3号

エッグショット

4号

エッグショット

5号

エッグショット

7号

Weight3号(11g)4号(15g)5号(19g)7号(26g)
Quantity2個入2個入2個入2個入
Price¥380¥390¥400¥420

出典:ジャッカル
Priceは本体価格

 

4号もしくは5号を基準に、浅場を攻めるなら3号、深場や水流がきついところを攻めるなら7号を使うイメージです。

 

カラーは3タイプがラインナップされています。

■オレンジゴールド

出典:ジャッカル

■ロックフィッシュレッド

出典:ジャッカル

■グローシルバー

出典:ジャッカル

エッグショットの魅力


出典:ジャッカル

 

エッグショットはルアーメーカーであるジャッカルならではの工夫が施されています。

オモリが低重心であることがブラクリ仕掛けにおいて有効なことは常識的ですが、すり抜けバンパーは効果的なのではないかと思います。

根がかり回避が非常に重要な穴釣りにおいて、こういった一工夫はスムーズな釣りにつながります。

無用なストレスを軽減し、テンポが向上することで釣果にも好影響を与えるでしょう。

また、半固定ビーズでオモリの位置を思いたったときにすぐに変更できる点も見逃せません。


出典:ジャッカル

 

根がかり回避重視にするか、喰わせ重視にするか…、こういった微細な対応ができることは、釣果向上につながることはもちろん、『アングラーが工夫ができる』という点で楽しみにつながるんです。

あーだこーだと釣り仲間と話しながら、考えながら、釣りをするってとっても楽しいことですよね。

ジャッカルがルアー造りで培っている感性はもとより、成型技術の高さもこういった機能の実現を可能にしているのでしょうね。

 

 

エッグアームとエッグショットを用いた実釣動画が早速アップされています。

穴釣りの楽しさが伝わってきますね。

エッグショットに何をセットする?

エッグショットにセットするおすすめのエサやワームをご紹介します。

まずはエサから。

第一候補は、やはりエサ保ちのいい虫エサ!

暗闇で光るアオイソメはよく動きアピール力は抜群です。

類似の虫エサであるイシゴカイは細身で魚の吸い込みはいいのですが、やや強度がアオイソメに劣って切れやすいので、穴釣りならアオイソメが使いやすいと思います。

【関連記事】

 

釣具屋さんで購入する時間がない人や、事前に購入しておきたい方は、以下のリンクから楽天かヤフーショッピングで活エサを購入されるといいと思います!(2018年10月現在Amazonでは取り扱いがありません)

最近は活きのいいエサを送ってくれるお店も多いので、クチコミを見て判断されるといいと思います。

 

 

続いて、おすすめなのはオキアミ!

ただし、オキアミはブロックを買っても多すぎますし、やや針持ちの悪さも気になります。

そこで、特殊な加工で針持ちが良くなっている、刺しエサ用のオキアミを使うのがおすすめ!

虫エサよりも刺すのが簡単なのも魅力で、理想は使い分けて、その日のアタリエサを見つけたいですね。

虫エサのように見た目が気持ち悪くないですし、暴れまわらないので、釣りに慣れていない女性やお子様用のエサとしても適しています。

虫エサに比べると針持ちでは劣りますが、喰わせ力は素晴らしいエサですよ。

 

以下のGクリルは超定番の刺しエサ用オキアミです。

中でも遠投タイプがおすすめ!(遠投出来るように強化されています)

こちらも、楽天かyahoo!ショッピングで購入できます。

 

ブラクリは、エサで釣るのが基本ですが、ワームでも楽しめます。

また、ブラクリとワームをバッカンやタックルボックスに忍ばせておけば、エサを買っていなくてもいつでも手軽に穴釣りを試せるのもアドバンテージです。

穴釣りは、上下にロッドを動かして誘いを常にいれる釣りなので、ワームの動きも出しやすいですよ。

強力な匂いでアピールできるタイプがおすすめです。

中でもおすすめは、ガルプのサンドワーム!

見た目はまさにイソメ!

動きは無い分、強力な臭いで非常に実績のあるワームです。

あのキスがワームで釣れるほどですからね!

【関連記事】

 

サンドワームには細身や太身などバリエーションがありますが、穴釣りなら基本は太身のようにアピールの強いものを選ぶのがいいと思います。

 

エッグアームにおすすめのリール

穴釣りですから、高級なリールを使う必要はありません。

エッグアームのスタイリッシュなデザインにマッチする、お手頃価格のリールをご紹介します。

 

まずはスピニングリールから。

シマノのネクサーブをおすすめします。

こちらはシマノのバリュープライス御三家(ネクサーブ、セドナ、アリビオ)の中で、もっともデザインにこだわったリールになっています。

【関連記事】

 

もちろん、シマノリールですから、必要最低限釣りを楽しめるスペックは備えています。

それでいて、価格は4,000円前後ですからとてもおすすめですよ!

1000番のナイロンライン付きモデルなら、すぐに釣りに使えます。

ネクサーブはスプールが青いので、エッグアームの青と合わせると相性もバッチリですね!

 

 

続いて、ベイトリールはダイワの新製品、フネXをおすすめします!

こちらは、その名の通り船釣り用ですが、穴釣りのように落とし込んで強力に素早く巻き上げたい釣りにはむしろピッタリ!ちなみに、MAGブレーキも搭載でキャストもこなせますよ。

【関連記事】

 

そしてなによりの魅力は、そのデザイン。

赤が映えて非常にスタイリッシュです!

エッグアームの赤と合わせると相性バッチリですね!

ベイトリールはアンダー1万円のモデルだとカッコいいリールが少ないんですが、フネXは価格とデザインと最低限の性能のバランスがよく、非常におすすめです!

 

さいごに


出典:ジャッカル

スタイリッシュに穴釣りを楽しむことをコンセプトにしたエッグシリーズ。

そのカラーもデザインも非常にポップでビビッドな印象で、今までの穴釣りロッドとは雰囲気が異なります。

当ブログでもこの記事へのアクセス数は非常に多く、その反響の大きさを感じます。

他のロッドメーカーも追随するところがでてきそうな気がしますし、今後は穴釣りタックルも充実してくるかもしれませんから、穴釣りファンは要チェックですね。

穴釣りというやや地味なジャンルに一石を投じたジャッカルのエッグシリーズが今後どのような展開を見せるか楽しみですね。

穴釣りを真剣に楽しむも良し。

メインの釣りの合間に息抜き的に楽しむも良し。

カップル・夫婦で一緒に楽しむも良し。

お子様と一緒に楽しむも良し。

いろんな楽しみ方ができますね!

あなたも手軽に!スタイリッシュに!エッグシリーズで穴釣りを楽しんでみませんか?