虫ヘッドはエサとルアーの融合爆釣メソッド!色んな使い方・コツを教えます!エサ釣りの新しいスタイル!


出典:owner

 

虫ヘッドは、オーナーから発売されているジグヘッドです。

ルアーブランドの世界では、カルティバとして有名ですね。

その名の通り、虫エサをつけて、ジグヘッドのように操作して釣るためのものです。

もちろん、虫エサ以外のエサでもバンバン釣れます!

今回は、虫ヘッドについて詳しくご紹介します。

アイキャッチ画像出典:owner



虫ヘッド概要

虫ヘッドとは、要はジグヘッドを使ったエサ釣りのための仕掛けです。

エサをつけて使うための専用設計です。

随所にその工夫が施されています。


出典:owner

 

通常のジグヘッドでは、エサがズレやすいのですが、専用のキーパーと、ショートシャンクにより、非常にズレにくくなっています

 

また、サイズバリエーションも豊富です。

 


出典:owner

 

 

派生モデルとして、太軸タイプも販売されています。

それだけ、思わぬ大物がかかる可能性も十分にある釣りだということですね!

 


出典:owner

 

こちらのパワータイプは、テンヤのようにアシストフックを取り付けられるアイもついています。これでライトテンヤも楽しめますよ。

 


出典:owner



虫ヘッドの魅力

エサを自在に操作してアピールしながら、任意の層・ポイントに送り込めることが大きな魅力です。

ワームをジグヘッドで操作するように、表層~中層ただ巻きでも誘えます。

ボトム付近をネチネチ誘うこともできますし、壁際をフォールで誘うこともできます。

通常のエサ釣りでは、なかなかこう臨機応変にはいきませんよね。

自分から仕掛けていく攻めの釣りです。

また、ジグヘッド単体の仕掛けですから、仕掛けが絡まるようなトラブルを全く気にしないでもよいところも強みです。

 

主なターゲット

虫ヘッドで狙える人気の魚を挙げていきます。

メバル
アジ
シーバス
チヌ
ハタ
カサゴ
ソイ
カワハギ
チャリコ(成魚前の真鯛)

その他、ソゲ(成魚前のヒラメ)、タケノコメバル、コチ(ワニゴチなど)、ホウボウ、ベラ、エソ…などなど、さまざまな魚が釣れます!

関連記事

海釣りでおかっぱり(陸から釣りをすること)をする上で、1番機会が多いのは漁港や防波堤からの釣りではないでしょうか。そこで、漁港や防波堤から釣れる可能性のある魚を私の知識と経験をもとにまとめることにしました。ある程度ポピュラーで人気のあ[…]



使うエサ候補

エサは発想次第でなんでも使えますが、ワタシも使ったことのある代表的なものを挙げますね。

何を狙いたいかで変わってきますが、万能はアオイソメです。

【アオイソメ】
→万能の基本エサ。中層ただ巻きで狙うならマスト。夜は水中で光る。
→なんでも釣れるといいたくなるほど、ターゲットは多様。

【マムシ】
→高級虫エサの代表格。切って使う。動きはないが臭いの集魚力が強い。
→ロックフィッシュ全般、チャリコ、カワハギなど。ボトムの釣りに向く。

オキアミ

【Gクリル】
→オキアミを特殊加工して強度アップさせたもの。それでもエサ持ちはやや不安。
→なんでも釣れるといいたくなるほど、ターゲットは多様。

切り身

【サバ】
→スーパーで安売りされていれば冷凍しておきたい。短冊切りで。
→ロックフィッシュ全般に強いが、これも万能エサ。

【イカ】
→スーパーで安売りされていれば冷凍しておきたい。短冊切りで。
→ロックフィッシュ全般に強いが、これも万能エサ。

【ブラックタイガー】
→スーパーで安売りされていれば冷凍しておきたい。皮をはぎブツ切りで。
→エサ持ちよくカワハギ狙いで有効

【アサリ】
→スーパーで生アサリを買って塩で締める。エサ用のアサリより数倍釣れる。
→カワハギ狙いの王道エサ。

現地採集もの

【イガイ】
→岸壁沿いによく見かけるものを採る。殻のまま使えば良い。
→チヌに非常によく効く。

【カニ】
→岩場やテトラにいる小型のものを採る。エサ持ち良好のエサ。
→チヌに非常によく効く。ロックフィッシュ全般にも効果的。



誘い方別狙えるターゲット

誘い方ごとに、よく釣れる魚とコツをご紹介します。

ただ巻き

主なターゲット

◎メバル、シーバス
○アジ、チヌ

おすすめのエサ

アオイソメ

コツ

ただ巻きは、メバルやシーバスに非常に効きます。

アジやチヌがいれば、活性次第では喰ってきます。

ただ巻きは一見簡単に思えますが、その反面、泳層をしっかり探り分けることが大切で、難しくもあります。

基本的にまずは表層から引いていきましょう。

理由は、海中に無用なプレッシャーを与えにくいからです。

いきなりボトム(底)から攻めると、表層~中層の魚が釣れにくくなることもあります。

そして、アタリを探りながら、徐々に泳層を下げていきます。

アタリがあっても巻き続けるイメージで、魚がしっかり食いついて重みを感じたら追いアワセを軽くいれるくらいが丁度いいと思います。

特にメバルは追いながらついばんでいるだけ、というような時も多いので、しっかり食い込むまで魚に違和感を与えないことが大切です。

岸壁フォーリング

主なターゲット

◎チヌ、メバル、カサゴ、カワハギ
○シーバス、ハタ、ソイ、ベラ

おすすめのエサ

アオイソメ、イガイ、カニ、アサリ、Gクリル、切り身全般

コツ

漁港などの防波堤の際を落としていく岸壁フォーリングは、チヌ、メバル、カサゴに効きます。

シーバスやハタ、ソイ、ベラなども釣れます。

コツは、壁から50センチ以内くらいをタイトに攻めること、ランガンしながらテンポよく広い範囲を釣り歩いていくことです。

底まで一旦落としてから、2、3回跳ねさせてステイ…でアタリを取ります。

それでなにも反応が無ければ、シェイクしながらゆっくり上に巻いていきましょう。

これを2回繰り返しては移動を繰り返して、そこにいるやる気のある魚を探していくのが良いでしょう。落ちてくるモノを待ち構える魚は、喰う気があれば答えが出るのも早いです。

基本的には、アタリがあれば即アワセでいいと思います。壁の隙間に逃げ込まれたりするとやっかいです。

ボトムパンピング

主なターゲット

◎カサゴ、ハタ、ソイ、チヌ
○メバル、コチ、ベラ、ソゲ、チャリコ、カワハギ

おすすめのエサ

アオイソメ、マムシ、Gクリル、切り身全般、カニ

コツ

ボトム(底)をしっかり取りながら攻めるので、基本はロックフィッシュや、その他底を意識しやすい魚が釣れます。

キャストしてボトム(底)まで沈め、ロッドを立てて小刻みに跳ねさせるイメージでアクションさせます。跳ねさせる高さはケースバイケースですが、だいたい10センチ~30センチの間くらいで、変化をいれながら色々試してみましょう。

時おりポーズ(止める)を入れるのも大切です。

これもアタリがあれば即アワセが基本でいいと思います。底で釣るので、悠長に構えていると魚に根にもぐられて獲れなくなります。

ボトムリフト&フォール

主なターゲット

◎カサゴ、ハタ、ソイ、チヌ、メバル
○ソゲ、コチ、シーバス、チャリコ、カワハギ

おすすめのエサ

アオイソメ、マムシ、Gクリル、切り身全般、カニ

コツ

この誘い方もボトム(底)をしっかり取りながら攻めるので、基本はロックフィッシュや、その他底を意識しやすい魚が釣れます。

キャストしてボトム(底)まで沈めるのはボトムパンピングと同じですが、こちらはロッドをスゥーっと縦にゆっくり立てて(スウィープに動かすと言います)エサをリフトアップさせるイメージでアクションさせます。ロッドティップが自分の真上まできたら止めて、そのままカーブフォールさせます。そして、また着低したら糸ふけをとって、縦にリフトさせる…という動作を繰り返します。

ボトムからゆっくりスイミングしたエサが、またゆっくりカーブフォールして…ということを繰り返します。

底にいる魚は上から落ちてくるエサに興味を示すので、これを延々と繰り返せるリフト&フォールはボトム攻略の有効なメソッドです。

これもアタリがあれば即アワセが基本でいいと思います。理由はボトムパンピングと同じですね。

さいごに

虫ヘッドは、エサ釣りの新しい形だと思います。

ある意味、究極に近いシンプルな形の仕掛けですから、仕掛けが絡むなどのトラブルもなく、ルアーのように操作することでアピールさせながら誘うことが可能な攻めの釣りです。

待ちの釣りじゃないところも、退屈せず面白いところ!

釣り初心者にもおすすめの釣りですが、難点はよく魚が反応してくれる故に、虫ヘッドから海釣りに入ると純粋なルアーフィッシングが難しく感じてしまうかもしれないことです(笑)

そのくらい反応がある楽しい釣りですから、是非みなさんも一度お試しください。