スコーピオンは5ピースとワン&ハーフ2ピースの19モデルトラベルロッド!ターゲットはあらゆるフィッシュイーター!

シマノの2019年新商品に注目のトラベルロッドが存在します。

あのスコーピオンが、魚種を問わないワールドワイドなトラベルルアーロッドとして生まれ変わったんです!

シマノのラインナップの中では、純粋なバスロッドではなく、フリースタイルロッドというカテゴリーに属します。

狙うのは海の向こうの未だ見ぬビッグフィッシュ…というコンセプトですが、もちろんバスフィッシングにも使えますし、ソルトでも戦えるポテンシャルを備える安心のロッドに仕上がっています!

今回は新生スコーピオンをご紹介します。



コンセプト

ルアーフィッシングに、国境は存在しない。ワールドワイドなターゲットに迫る“JAPAN STYLE”トラベルロッド。

魚種、フィールドを特定せず、大自然の中でマルチに楽しむための“JAPAN STYLE”トラベルロッド。携行性に優れた「ワン&ハーフ2ピース」「5ピース」構造、レギュラーテーパーを主軸としたロッドアクション、太糸やラインシステムにも対応する大口径ガイドなど、ルアーフィッシングの原点に立ち返った汎用性の高いロッドです。

出典:シマノHP スコーピオン

 

大きな特徴はその携行性です。

バット側とベリー~ティップ側とでカーボン素材を変えることができるワン&ハーフの2ピース仕様と、圧倒的なコンパクトさが魅力の5ピース仕様の2タイプが用意されています。

そのコンセプトから海外遠征の強い味方になるのはもちろんのこと、国内においてもバスフィッシングをメインに、ルアーフィッシングに幅広く対応します。

昨今、可変テーパーや、エキストラファストテーパーといった、少し変わり種なセッティングがなされたロッドも多い中で、レギュラーテーパーにこだわっています。

村田基さんの意向を強く反映している印象です。

スコーピオン関連と言えば村田さんですからね(笑)

その他の大きな特徴も含めてまとめると以下の通りです。

レギュラーテーパー & ワン&ハーフ設計を軸にしたラインナップ
5ピースの存在
大口径ステンレスフレームガイドの採用
スパイラルX & ハイパワーX採用の軽量でタフなブランクス

主なターゲットフィッシュと対応番手

どんな魚を狙えるのか?ですが、比較的大型の魚を相手にするロッドというイメージです。


出典:シマノ

ご参考までに、国内のメジャーなターゲットをピックアップすると以下の通りです。

ブラックバス
ナマズ
ネイティブトラウト
エリアトラウト
シーバス
ロックフィッシュ
クロダイ

次項からは、詳しいラインナップをご紹介していきます。

ラインナップ

タイプは以下の4つです。

ワン&ハーフ2ピースのベイト・スピニング
5ピースのベイト・スピニング

それぞれのタイプ毎にご紹介します。

ワン&ハーフ2ピース ベイトキャスティングモデル

品番全長
(m)
継数
(本)
仕舞寸法
(cm)
自重
(g)
先径
(mm)
適合ルアー
ウェイト(g)
適合ライン
ナイロン(lb)
グリップ長
(mm)
テーパーカーボン
含有率(%)
本体価格(円)
1581F-21.732130.01151.65〜208〜16187F98.733,000
1631FF-21.912130.01151.64~168〜14197FF98.734,000
1652R-21.982130.01271.87〜2812〜22242R98.935,000
1703R-22.132130.01472.110〜4014〜30278R99.136,000

1581F-2

小~中型ルアーのキャストアキュラシーを磨いたテクニカルロッド

スコーピオン伝統の番手1581(5’8″レングス、MLクラス)は、シングルハンドによるキャスタビリティとアキュラシーを最大限に引き出すために導き出された最適解。水面との距離が近い渓流域での連続トゥイッチや、コンパクトなモーションからのアキュラシーキャストに。

出典:シマノHP スコーピオン

1631FF-2

タフコンディションを凌ぐベイトフィネスロッド

ライトジグヘッドや小型プラグを、ベイトロッドならではのリニア感覚で操作するためのフィネスロッド。喰い渋るフィッシュイーターを翻弄するアクションをティップから生み出し、全力のファーストランを受け止めるバットを装備。淡水海水問わず世界で価値ある一尾を手にするために。

出典:シマノHP スコーピオン

1652R-2

数々のリグに対応するスタンダードバーサタイルロッド

トップウォータープラグから、ヘビーシンキングミノー。さらにはワーミングまで器用にこなすため、複数ロッドを持ち運べない状況下で頼れるバーサタイル性能を誇る1652R-2。グローバルターゲットを狙うにあたっての、最初の一本に。

出典:シマノHP スコーピオン

1703R-2

ジグ&ワームやビッグベイトに対応するパワーロッド

オープンウォーターにおけるファストムービングルアーを任せることのできる、卓越したロングキャスト性能を備えたパワーロッド。モンスターフィッシュとのファイトでも、主導権を譲らないバットパワーは、アングラーの頼もしい味方となるでしょう。

出典:シマノHP スコーピオン

ワン&ハーフ2ピース スピニングモデル

品番全長
(m)
継数
(本)
仕舞寸法
(cm)
自重
(g)
先径
(mm)
適合ルアー
ウェイト(g)
適合ライン
ナイロン(lb)
グリップ長
(mm)
テーパーカーボン
含有率(%)
本体価格(円)
2651R-21.982130.01171.65〜155~12231R98.734,000
2652R-21.982130.01151.67〜206~14212R98.735,000

2651R-2

使い手とフィールドを選ばないライトバーサタイルスピニング

手持ちの一本のロッドで、どれだけの魚種を手にすることができるかを追求。喰わせのワーミングと小型プラグを一本の竿で実現することを目指したライトバーサタイルスピニングロッドです。ベリーからバットにかけてのしなやかな荷重の移行が魅力。

出典:シマノHP スコーピオン

2652R-2

大物にも対応するバーサタイルスピニング

ビッグフィッシュとのファイトでも、魚を止めて、浮かせるリフトパワーを備えたバーサタイルスピニング。バイブレーションや、スプーンなどのスピニングタックルにおいて使用されるファストムービング系ルアーに最適。

出典:シマノHP スコーピオン

5ピース ベイトキャスティングモデル

品番全長(m)継数
(本)
仕舞寸法
(cm)
自重
(g)
先径
(mm)
適合ルアー
ウェイト(g)
適合ライン
ナイロン(lb)
グリップ長
(mm)
テーパーカーボン
含有率(%)
本体価格(円)
15101F-51.78542.51151.85〜208〜16218F94.835,000
1602R-51.83543.81222.07〜2812〜22223R93.536,000
1652R-51.98547.01302.07〜2812〜22243R96.637,000

15101F-5

キャストアキュラシーを磨いたポータブルロッド

1581同様のコンセプトで開発され、高いルアー操作性能が持ち味のテクニカルロッド。小型のトップウォータープラグを意のままに操作し、しなやかな追従性能でバイトに持ち込む唯一無二の存在。

出典:シマノHP スコーピオン

1602R-5

携行性能が魅力のテクニカルバーサタイルロッド

ショートレングスながら、バットにかけてのパワーを持たせることで、ビッグフィッシュとのダイレクトなファイトを実現させるテクニカルコンセプトのベイトモデル。継数を感じさせないしなやかな曲がりにより、自然にターゲットフィッシュを浮かせるパワーが魅力。

出典:シマノHP スコーピオン

 1652R-5

数々のリグに対応するスタンダードバーサタイルロッド

トップウォータープラグから、ヘビーシンキングミノー。さらにはワーミングまで器用にこなすため、複数ロッドを持ち運べない状況下で頼れるバーサタイル性能を誇る1652R-2。グローバルターゲットを狙うにあたっての、最初の一本に。

出典:シマノHP スコーピオン

5ピース スピニングモデル

品番全長
(m)
継数
(本)
仕舞寸法
(cm)
自重
(g)
先径
(mm)
適合ルアー
ウェイト(g)
適合ライン
ナイロン(lb)
グリップ長
(mm)
テーパーカーボン
含有率(%)
本体価格(円)
2602R-51,83544.11101.87〜206~14202R93.536,000
2651R-51.98547.61171.85〜155~12212R96.436,000

2602R-5

携行性能が魅力のテクニカルバーサタイルスピニング

ショートレングスながらバットにかけてのパワーを持たせることで、ビッグフィッシュとのダイレクトなファイトを実現させるテクニカルコンセプトのスピニングモデル。キャストを躊躇するピンスポットでも、シャープな弾道でルアーをアプローチできる機動力が持ち味。

出典:シマノHP スコーピオン

2651R-5

使い手とフィールドを選ばないライトバーサタイルスピニング

手持ちの一本のロッドで、どれだけの魚種を手にすることができるかを追求。喰わせのワーミングと小型プラグを一本の竿で実現することを目指したライトバーサタイルスピニングロッドです。ベリーからバットにかけてのしなやかな荷重の移行が魅力。

出典:シマノHP スコーピオン

技術特性・仕様

■スパイラルX
■ハイパワーX
■パーフェクションシートXT(ベイト)
■パーフェクションシートCI4+(スピニング)
■ワン&ハーフ設計(2ピースのみ)
■グリップを除き等長設計(5ピースのみ)
■2番パワー以上は強度&剛性重視のオールダブルフットガイド
■太糸使用を想定した大口径ガイド
■ステンレスフレームKガイド仕様(スピニング)
■SiCガイドリング
■専用竿袋



ピックアップポイント

レギュラーテーパー & ワン&ハーフ設計

バット部分は高感度かつパワー重視のセッティング、ベリー~ティップにかけてはしなやかな調子で操作性の高さと同時に食い込みの良さ・バラしにくさを追求しています。

レギュラーテーパー仕様で、非常に扱いやすいオーソドックスな使用感のロッドと言えます。

大口径ステンレスフレームガイド

ガイドの小型化が進む昨今ですが、スコーピオンではパワーゲームを見越して、大径ガイドを採用です。

コスト面からチタンではなくステンレスです。

2番パワー以上にはオールダブルフットガイド搭載と、まさにタフ仕様になっています。

ビッグベイトにマッチしそうですね。

スパイラルX & ハイパワーX採用

少し前まではハイエンドモデルの特徴とも言えた、スパイラルXとハイパワーXのコンビが採用されています。

今、シマノの最先端は東レのナノアロイ技術を採用したスパイラルXコアに進化していることもあり、このクラスのロッドにもスパイラルXが採用されています。

関連記事

日本が世界に誇る大企業、東レ。プラスチックなどの樹脂製品、ナイロン繊維、炭素繊維などを始めとした、日常生活に密接にかかわる製品を多数製造、加工、販売している会社です。我々が釣りをする上でも数多くの製品に東レが関わっていますよ[…]

ちなみにワールドシャウラはスパイラルXコア採用です。

ただ硬い、強いロッドではなく、パワーの中にしなやかさも備えるブランクスに仕上がっています。

相乗効果による高い遠投能力

しっかり胴にのせてキャストしやすいレギュラーテーパー
抵抗の少ない大径ガイド
スパイラルX・ハイパワーX採用のブランクス

これらの相乗効果で、遠投性能が非常に高いロッドになっています。

その特性上、巻物をかっ飛ばすような釣りには、かなりマッチしそうですね。



スコーピオンの魅力

フリースタイルロッドという新たなカテゴリーに属することになったスコーピオン。

シマノのバス製品カタログにおいても一般的なバスロッドとは分けて掲載されてるんですよ。

 

あくまでも狙うのはあらゆるフィッシュイーターということです。

そんなスコーピオンのさまざまな魅力をご紹介します。

5ピースの存在

世界を相手に…とは言うものの、日本国内でのニーズは、ほぼ間違いなくバスフィッシングが一番多いでしょう。

中でも5ピースのコンパクトさは非常に大きな特徴で、他社のコンパクトロッドと比べて差別化される部分と感じます。

5ピースモデルの仕舞い寸法は軒並み40cm台。

これはほんとにどこにでも運べるサイズと言えます。

旅行はもちろん、自転車、バイクでの釣行にももってこいですね。

ワン&ハーフ2ピースの存在

ワン&ハーフモデルは全モデルで仕舞い寸法は130cmとなり、ワンピースロッドと比べて携行性が高まることも魅力ですが、それ以上に大きな強みがあります。

それは、バット部分とベリー~ティップにかけてのカーボン素材を変えることができるという点です。

一言にカーボンロッドとは言うものの、実は素材によって大きく特徴が異なってきます。

参考までに、ざっくりしたカーボンロッドの素材について説明します。

カーボンを語る際に、弾性という要素が1つのキーポイントになります。

大きく分けて、高弾性カーボン、低弾性カーボンなんて呼ばれ方をするのですが、その2つを相対的に比較すると以下の通りです。

薄く巻けるため軽くなる
張りが強く感度が高い
復元速度が速くシャープな振り抜き感
破断強度は低く折れやすい
厚く巻かざるを得ず重くなる
粘りがありよく曲がるが感度は劣る
復元速度が遅くダルく感じる
破断強度は高く折れにくい

中間的な中弾性カーボンも存在しますが、ここでは割愛しますね。

バスフィッシングにおいては、ハイエンドモデルは高弾性カーボンのワンピースロッドが多い…。

これは現在の日本のバスフィッシング業界における常識的概念です。

ワンピースこそパワーロスがないロッドにおける究極の形!なんて思ってしまいそうですが、必ずしもワンピースが理想なのかと言うとそうでもありません。

ワンピースの場合は、構造上継ぎ目がありませんから、1つのカーボンで巻いていくことになります。

高弾性には高弾性の良さ、低弾性には低弾性の良さがある訳ですが、そのどちらかを選ぶことになりますよね。

で、一般的なサイズのブラックバスであれば、低弾性カーボンの粘りなんてなくても獲れてしまうので、感度を優先して高弾性カーボンを採用している訳です。

もちろん、技術の進歩とともに、高弾性カーボンがメインでもそのカーボンテープの巻き方・補強構造・他素材とのコンポジットなどによって、弱点を補うような特性を持たせることもできるようになっていますが、ここで述べていることは一般論とお考えください。

今回のスコーピオンがターゲットにしているのはブラックバスだけではなく、世界のフィッシュイーターです。

村田基さんの話では、例えばピーコックバスやパプアンバス、ゴールデンドラードなんかはバスの比じゃないとんでもないパワーで引くんだと。

一度走り出したら100mは簡単に持ってかれるレベルの魚もいるよ…と。

そんな魚を相手にすることも考えると、低弾性カーボンの魅力も捨てがたくなってくる訳です。

と、ここで生きてくるのがワン&ハーフという構造です。

要はそれぞれのいいとこどりをできるということです。

例えば、バット部分には高弾性カーボンを採用して軽く張りの強いブランクスを作り上げて、ベリー~ティップにかけては低弾性~中弾性のカーボンを採用してしなやかさと粘り、食い込みの良さなどもを加える…というように設計の自由度が大きく高まるんですね。

ワンピースにはワンピースの良さがありますし、逆にワン&ハーフは2ピースだからワンピースに全てが劣る…なんてこともないんです。

『そのロッドには何が求めらているのか』

ということによって、最適解は変わってきます。

スコーピオンは世界のパワーフィッシュと戦うことを前提に作られているので、ワン&ハーフが採用されているということです。



価格面(コストパフォーマンス)

スコーピオンには価格的な制約もあります。

本格的な仕様でありながら、あくまでもお求めやすい価格であることが常に求められます。

実売価格は税込み2万円台半ばといったところ。

フリースタイルロッドのフラッグシップはワールドシャウラです。

スコーピオンはその下に構えるミドルクラスロッドである必要があります。

そのために今回のスコーピオンでは、前モデルの青シャウラの芯金(カーボンロッドは芯金に巻いて作られます。)を流用しています。

他にもガイドをチタンでなくステンレスにするなどして、このお手頃価格を実現しています。

これだけのスペックを備えながらこの価格を実現してくれるのはかなりありがたいですよね。

魅力まとめ

スコーピオンを端的に言うと、

パワフル&タフ

オーソドックスな使用感

高いモバイル性

抜群の飛距離

コストパフォーマンス良好

こんなイメージですね!

さいごに

スコーピオンは村田さん肝入りのフリースタイルロッドとして生まれ変わりました。

マイルドな使用感で、かなり幅広い釣りに対応するシリーズなのではないかと思います。

ただ強いだけではなく、必要十分な軽さも備えています。

バスフィッシングはもちろん、トラウト、シーバス、ロックフィッシュ、果ては海外の人気モンスターフィッシュまで…活躍の場は多そうですね!

世界で戦うためのスコーピオンで、あらゆる魚を狙ってみませんか?

関連記事

出典:シマノシマノの人気ミドルクラスリールであるスコーピオンに、2019年モデルが登場します。2019年4月発売を予定しています。なんとなんと、今回はシマノ上位モデルの象徴であったマイクロモジュールギアを搭載してしま[…]